HOME > 法令ガイド > 書籍詳細
書籍詳細

元厚生労働事務官が解説する 労災保険実務講座

高橋 健 著
A5/ 228頁/ 9784539723579/ 冊/ 定価2,160円 (本体価格2,000円)
目次を表示

内容紹介
労災保険実務

本書は、労災保険制度と実務手続きついて、難解な認定基準の解説などは省き、厚生労働省作成の労災請求書記載例等を掲載することによって「わかりやすく簡潔に」「すぐに役立つ」ものとして書かれたものである。労災保険の請求手続きに携わる企業の担当者・社会保険労務士等が、日常的に机上に置きながらいつ発生するかも知れない災害発生の際の手続きの手引きとして、また社内各部署からの問い合わせ等に対応していくための手引きとしてもらうことを目的とした内容になっている 。

元厚生労働事務官である著者が、請求書提出の留意点、労働基準監督署における給付決定事務に関しても解説しており、項目ごとにQ&Aを挟みながら、迷いがちな点も解消できるような構成となっている。

 

平成26年1月20日刊


著者紹介
労災保険実務講座

高橋 健(たかはし たけし)

昭和29年千葉県生まれ。昭和48年労働省(現厚生労働省)に労働事務官として入省。以後、労働本省、労働基準局(現労働局)および労働基準監督署にて労災補償分野の業務経験を積み、在職中に社会保険労務士試験合格。労働基準監督署労災課長、労働局労働基準部労災補償課地方労災補償監察官を歴任して平成21年に退職する。

退職後は労働保険事務組合において事務長として勤務した後、東京都千代田区にて「たかはし社会保険労務士事務所」を開業(平成22年特定社会保険労務士付記)し、現在は在職時の実務経験を生かして数多くの労災認定に関するセミナー、労災保険実務講習会等で講師を務めている。

 著書に「元厚生労働事務官が解説する?職場のうつと労災認定の仕組み」(日本法令)がある。また、日本法令「ビジネスガイド」「SR」誌上に特集記事等を執筆している。

 

●たかはし社会保険労務士事務所

 URL http://www.takahashi-jimusyo.jp/