HOME > 法令ガイド > 書籍詳細
書籍詳細

障害年金 不服申立ての実務

高橋裕典 著 著
A5/ 224頁/ 9784539724637/ 冊/ 定価2,376円 (本体価格2,200円)
目次を表示

内容紹介

ここ10年で審査請求件数は激増している。また、行政不服審査法の改正、社労士法の改正(補佐人制度の創設)により、社労士が不服申立てに関与しやすくなった。本書は、改正官会法を中心に事例・裁決例の解説を交え、今後増える審査請求へ社労士が対応していくための手続と実務知識、訴訟への関わりについてまとめたもの。4月より運用される予定の精神障害の等級判定ガイドラインについても解説。


著者紹介

高橋裕典(たかはしやすのり)

 平成143月、法政大学法学部卒業。同年4月から平成203月まで社会保険庁(現:日本年金機構)に勤務し、年金関係業務に従事。退職後、平成2012月に高橋社会保険労務管理事務所(http://www.slmo-takahashi.com)を開業。企業の人事労務管理相談、障害年金を中心とした年金関係業、執筆・講演など精力的に活動している。また、障害年金請求専門チーム(http://www.kawaguchi-nenkin.com)の代表も務めている。

著書に『はじめて手続きをする人にもよくわかる障害年金の知識と請求手続ハンドブック』『鈴木さんちの障害年金物語』『鈴木さんちの遺族年金物語』(日本法令、共著)、『精神障害者の経済的支援ガイドブック』(中央法規、共著)、『障害年金請求相談実務の基礎の基礎』(日本法令〔DVD〕)。