HOME > 法令ガイド > 雑誌詳細
雑誌詳細

ビジネスガイド
ビジネスガイドの紹介ページへ

ビジネスガイド 2017年 7月号 NO.840
B5/ 116頁/ / 定価1,080円 (本体価格1,000円)

コンテンツ

● 特集1

"生産性要件""組み合わせ"で受給額アップ!
平成29年度 新設&改正 注目助成金

社会保険労務士 岩本浩一(社会保険労務士法人あいパートナーズ)

● 特集2

歩合給、有期契約労働者の労働条件、定年後再雇用等
平成28年度 労働関係裁判例の解説

千葉大学 法政経学部教授 皆川宏之

● 健康情報の取扱い

 改正個人情報保護法で求められる対応は?
メンタルヘルス不調に関する健康情報の取扱い

弁護士 佐久間大輔(つまこい法律事務所)

●転勤トラブル

 従業員から"NO"と言われたら!?
「転勤トラブル」を防ぐ実務テクニック

杜若経営法律事務所(旧 狩野・岡・向井法律事務所)パートナー弁護士 岸田鑑彦

●年度更新

 雇用保険率 大幅引き下げ!
労働保険年度更新の手続実務

特定社会保険労務士 遊佐圭介

●算定・月変

 パートの社保適用拡大の影響は?
算定・月変の手続実務

社会保険労務士 佐佐木由美子

● 連 載

 新・労務管理上のグレーゾーン
 第7回 労働条件の不利益変更

弁護士 野口 大(野口&パートナーズ法律事務所)

 元監督官が解決!
 労働基準監督署による指導等への対応に困ったときの上手な対処法 ~司法処分編~
  第34回 起訴の可否判断

社会保険労務士 武田 徹

 重要用語から労働問題を考える
 キーワードからみた労働法
  第120回『時間外労働の限度基準の私法上の効力』 

神戸大学教授 大内伸哉

 

 個人情報保護法改正 中小企業への影響と見直すべき社内体制
 第4回 個人データの安全管理措置と保有個人データ等に関する規律等

前 個人情報保護委員会事務局 上席政策調査員 遠藤信一郎

● 相談室

 労働契約
  労働時間の新しい考え方

弁護士 丸尾紫乃

 労働基準法
  シフト勤務が2歴日にわたる場合の労働時間の認定

弁護士 岩本充史(安西法律事務所)

 非正規社員
  かつての特定労働者派遣元事業主による許可申請はいつまでに行うべきか

弁護士 小宮純季(第一芙蓉法律事務所)

 就業規則
  休日および休日振替について

弁護士 池田知朗(石嵜・山中総合法律事務所)

 個人情報&マイナンバー
  開示等請求窓口の運用見直しについて

弁護士 鈴木雅人(弁護士法人 三宅法律事務所)

 メンタルヘルス
  就業上の措置を考える際のポイント

精神科産業医 梅田忠敬(吉野聡産業医事務所)

 労災保険/雇用保険
  労災保険 業務終了後に行われた懇親会出席後の負傷は通勤災害に該当するか

特定社会保険労務士 高橋 健

 医療保険
  社員の家族の健康診断

特定社会保険労務士 白井修平

 年金相談
  同一の適用事業所で厚生年金の被保険者種別に変更があった場合の退職改

社会保険労務士 髙松裕明

 労務デューデリジェンス
  簿外債務(年次有給休暇の引当金)

特定社会保険労務士 野中健次

 助成金
  キャリアアップ助成金(賃金規定等共通化コース)

社会保険労務士 新津充久

 労務と税務
  留学生をアルバイトとして雇用した場合の源泉徴収

税理士法人 山田&パートナーズ 岩谷敦史