HOME> 商品詳細
商品詳細


給与計算ソフト > 年金 > 年金

厚生年金と共済年金の年金一元化で変わる年金相談の実務 新商品

注文番号: 年金 17
   /1冊入
価格648円(本体価格600円)

商品紹介
★年金 17

注文番号:年金17

/1冊

価格648円(本体価格600円)

<内 容>

平成27年10月より被用者年金の一元化が実施されています。被用者年金の一元化は3つの共済年金が厚生年金に一本化され、共済年金のしくみが大きく変わるものです。

被用者年金一元化の実施にともない、平成27年10月1日以降に受給権が発生する公務員・私立学校教職員等の方の年金は「共済年金」と呼ばずに、「厚生年金」と呼びます。よって、原則は厚生年金のしくみに揃えることになるのですが、一部共済年金のしくみに揃える項目もありますので、正しく理解をしないと間違えてしまうことにもなりかねません。厚生年金のしくみについては適宜解説していますが、大きく変わる共済年金のしくみが中心の内容になっています。

内容としては、共済組合の種類・厚生年金との相違点・一元化後のしくみ・共済年金に揃える事項・年金請求手続から一元化後の想定問答や年金請求書の書き方等を掲載しています。

本誌は、年金相談に携わる方が一元化後に相談を受ける際に知っておけば役立つであろう内容をわかりやすく解説することを主眼に置いていますので、是非、年金相談のお供に一冊お持ちになって実務に役立てて頂ければ幸いです。

まずは、共済年金のしくみがわからないと、一元化後の内容もわからないことになりますので、順番に解説していきます。

<著 者>

三宅社会保険労務士事務所

特定社会保険労務士 年金コンサルタント 三宅 明彦

<商品形態>

小冊子 48ページ

<商品形態>

第1章 被用者年金一元化による年金相談の注意点

1.共済組合の種類

(1)国家公務員共済組合

(2)地方公務員等共済組合

(3)私立学校教職員共済組合(私立学校振興共済事業団)

2.厚生年金との相違点

3.年金額の算出式

(1)職域加算の年金額の算出式

(2)報酬比例部分の年金額の算出式

(3)年金原資控除

(4)定額部分の年金額について

(5)配偶者加給年金について

4.一元化の内容は?

5.制度の違いで共済年金に揃える事項等

(1)在職老齢年金の月末退職の停止解除月及び年金額の退職時改定の時期

(2)年金支給額の端数処理

(3)同月内の被保険者期間

(4)昭和12年4月1日生まれ以前の人の在職支給停止

(5)在職停止の激変緩和措置(一元化前から引き続き在職している年金受給者に適用)

6.厚生年金と共済年金の制度の違いは?

7.遺族共済年金と遺族厚生年金の制度の違いは?

8.一元化後の遺族共済年金は?

9.障害共済年金と障害厚生年金の制度の違いは?

10.一元化後の障害共済年金は?

11.一元化後の年金請求手続は?

(1)老齢給付

(2)遺族給付

(3)障害給付

12.退職等年金給付(年金払い退職給付)の概要

(1)退職年金

(2)公務障害年金

(3)公務遺族年金

第2章 想定問答

1.老齢給付

2.遺族給付

3.障害給付

第3章 新しくなった年金請求書と受取機関変更届

1.年金請求書 国民年金・厚生年金保険老齢給付[1号厚年]【日本年金機構から送付】

2.「公務員独自項目」と「私学共済独自項目」について

3.年金請求書 国民年金・厚生年金保険老齢給付[1号厚年]【様式101号】

4.年金受給権者 受取機関変更届【年金はがき】