日本法令HOME > セミナーのご案内 > 平成26年6月15日

模擬団体交渉で学ぶ合同労組対応の実“戦”的解説セミナー

 講座のねらい

 合同労組が個別的な労使紛争を団交事項として団体交渉を求めてくる場合,企業および社労士としてはどのように対応すべきでしょうか。特に,社労士としての関わり方については様々な議論があるところですが,本セミナーでは「社労士が絶対に留意しなければならない点」について,模擬団体交渉を交えて弁護士の倉重講師に解説していただきます。
 団体交渉への対応は,一歩間違えると不当労働行為として損害賠償や謝罪文の交付が命令されることにもつながりかねませんが,これらを回避するために最も重要なのが初動対応です。そこで誤った対応をとってしまうと,交渉の立て直しは困難となります。
 また,最近は労働者だけでなく,業務委託,請負,派遣労働者や親会社に対する団体交渉の要求が多く,最高裁判例も出ていることから実務対応を改めて検討することが必要です。
 そこで,本セミナーでは,労働組合法の基礎から,解雇・雇止め・残業代請求・セクハラ・パワハラなど,トラブルケースの実務対応まで解説していきます。特に,実際の団体交渉に出席された経験がない方のために,セミナーの後半では模擬団体交渉(組合役・会社役の演者がデフォルメされたトラブルケースにおいて実際の団交がどのように進んでいくかを演じます)を実演しますので,具体的なイメージが掴んでいただける内容となっています。

 本セミナーでは内容の性質上,音声の録音を一切禁止とさせていただきます。また,セミナー音声CD-ROMの販売も行いません。ぜひメモをご準備のうえ、ライブセミナーにお越しください。

 日 時

 平成26年6月15日(日) 11:00~16:30 
                 ※約1時間の昼休憩を挟みます
開催終了しました。

 会 場

 連合会館(旧総評会館 東京都千代田区神田駿河台3-22-11)
   …東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅よりすぐ
     東京メトロ丸の内線 淡路町駅より徒歩4分
     都営地下鉄新宿線 小川町駅より徒歩2分
     JR中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
http://rengokaikan.jp/access/

 講 師

 弁護士 倉重 公太朗 氏(安西法律事務所)

 テキスト

レジュメ(当日会場にて配付いたします)
※セミナー内容の性質上,レジュメ自体はごく薄いものになります。

 受講料 (税込)

① 一般
18,000円 (特別割引料金)
② 『ビジネスガイド』・『SR』・『社労士Ⅴ』定期購読会員
15,000円 (特別割引料金)
③ 『SJS』(社労士情報サイト・税理士情報サイト)会員
13,000円 (特別割引料金)

 定 員

 60人 → 70人

 カリキュラム(予定)

1 基礎編(午前)
 ・合同労組とは
 ・労組の種類
 ・不当労働行為とは
 ・労働委員会とは
 ・最近の傾向

約1時間の昼休憩

2 実務編(午後)
(1)実務的な知識
  ・団体交渉の実務
  ・団体交渉における「使用者」,「労働者」とは
  ・トラブルケース別の留意点
(2)模擬団体交渉の実演(30分)
(3)模擬団体交渉の解説
  ・良かった点,悪かった点の解説
  ・トラブルケース別,団交の「落としどころ」とは
(4)質疑応答(質問用紙を事前に配布し回収・読上げ)

 講師略歴

 倉重 公太朗(くらしげ こうたろう)

慶応義塾大学経済学部卒。安西法律事務所 所属弁護士。第一東京弁護士会 労働法制委員会 外国労働法部会副部会長。経営放送会議会員。 経営者側労働法専門弁護士。労働審判・仮処分・労働訴訟の係争案件対応,団体交渉(組合・労働委員会対応),労災対応(行政・被災者対応)を得意分野とする。企業内セミナー,経営者向けセミナー,者海保家労務士向けセミナーを多数開催。
【主な著作】(「Amazon 倉重」で検索)
・「メンタル疾患の労災認定と企業責任」(労働調査会,編集委員代表)
・「改正労働契約法の詳解」(労働調査会,編集委員代表)
・「なぜ景気が回復しても給料は上がらないのか」(労働調査会,著者代表)
・「企業労働法実務入門~はじめて人事担当者になったら読む本~」(日本リーダーズ協会,著者代表 2014年4月刊行予定)
・「モンスター社員対応のすべて(仮称)」(労働調査会,著者代表 2014年夏刊行予定)