HOME > バーチャルショップ > 書籍詳細
書籍詳細

よくわかる「多様な正社員制度」と就業規則見直しのポイント

岩崎仁弥 著
A5/ 340頁/ 9784539723982/ 冊/ 定価2,700円 (本体価格2,500円)
目次を表示
数量

内容紹介
多様な正社員制度と就業規則見直し

 厚生労働省では「いわゆる正社員」と「非正規雇用の従業員」の働き方の二極化を緩和し、ワーク・ライフ・バランスと、企業による優秀な人材の確保や定着の実現のため、職務、勤務地又は労働時間を限定した「多様な正社員」の普及・拡大を進めている。
 本書はこの多様な正社員制度について、本制度ができるまでの経緯や仕組みの解説のほか、報告書の規程例、各企業の実規程例、本書のモデル規程を比較しつつ、就業規則見直しのポイントをまとめたもの。

 

平成26年11月12日刊


著者紹介
多様な正社員制度と就業規則見直し

岩﨑 仁弥(いわさき きみや)

 調和ある働き方と共鳴する職場作りを目指す日本で最初の職場マイスターとして、年間3,500人を超える社会保険労務士、人事・総務担当者にこれからの雇用ルールを指導する。株式会社リーガルステーション代表取締役、特定社会保険労務士、行政書士。

 大学卒業後、日本道路公団関連会社に入社し、人事、総務を幅広く担当。巨大で複雑な組織の中で現場の実務を10数年間体験する。持ち前の探究心の強さから、実務の本質を究めようと社会保険労務士の資格取得を目指す。多忙のなか合格を果たすが上司からは「余計な勉強をする暇があったら仕事をしろ!」と叱られてしまう。これをきっかけに我が国の職場の在り方に疑問を持ち、その日のうちに退職を決意、小さな社会保険労務士専門の受験指導校に転職する。講師だけではなく、全科目にわたる教材づくり、教材の発送、受講相談までこなす日々。仕事にも慣れ始めた頃、ある法律改正の複雑な内容が読み解けず、教材づくりで大きなミスをしてしまう。ここで仕事のスタイルを一転させ、六法全書や官報を読み漁るだけでなく、毎日厚生労働省のHPにアクセスし、そこで公表される行政文書、審議会の議事録(すなわち一次情報)に目を通す日々が始まる。そして暗記主体ではなく背景説明を重視した指導スタイルを確立し、一躍人気講師として注目を集めるが7年後に独立。

 現場の人事、総務の経験と、受験指導校で培った豊富な知識を武器に、現役の社会保険労務士向けの指導と企業向けの人事制度構築のコンサルティングを開始。初めてのクライアント先の就業規則や人事制度を見て、まったく会社の実情に合っていない制度に多額の費用を費やす現状に「ここまで誤った情報が広がっているのか」と衝撃を受ける。国の動向を読めていない社会保険労務士や我流に走るコンサルタントが、対症療法的なアドバイスをしてしまい、メンテナンス不能になった案件にも遭遇。企業と従業員の間を橋渡しし、お互いを幸せにするカギを握る社会保険労務士の役割を認識し、社会保険労務士への指導に重点を置く。

 別名厚労省ウオッチャーとして、法案のたたき台から情報収集し、3年先の国の動向を先読みするスタイルが注目されている。『ビジネスガイド』、『SR』、『社労士V』などの主要専門誌に常連の著者として執筆。著書は5冊を超え、『リスク回避型就業規則・諸規程作成マニュアル』は、7年以上版を重ねるロングセラーとなる。コンサルティング業務を目指す社会保険労務士が増える中で、ノウハウもなく我流に走る一部の同業者に危機感を感じ、講演活動を開始する。現在では、労働開発研究会、みずほ総合研究所、日本法令、日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)などで講演実績を上げる。毎年60回以上の講演をこなし、延べ3,500名以上の社会保険労務士や人事・総務担当者に情報を発信し続ける。アンケート集計による「わかりやすさ度」は93%を超える。どこよりも早く「限定正社員対応就業規則」を開発、国が普及を進める多様な正社員制度構築のための賃金・人事コンサルティングでも実績を上げているほか、共鳴する職場づくりのため、企業・従業員双方の120happyを支える『職場マイスター』の育成に力を入れている。

 主な著書として、『社内諸規程作成・見直しマニュアル』、『実務家のための改正労働基準法 育児・介護休業法完全対応マニュアル』(以上、日本法令)、『(5訂版)リスク回避型就業規則・諸規程作成マニュアル』、『(5訂版)労働時間管理完全実務ハンドブック』、『就業規則診断ツール(CD-ROM)』(以上、日本法令・共著)がある。

URL https://www.legal-station.jp/

(メールマガジン)【岩崎仁弥】2025年の働き方を考える『職場マイスター』のメールマガジン(不定期、週1回程度)

http://www.legal-station.jp/mailmagazine/

から申込ができます。

Facebook Pagehttp://www.facebook.com/legal.station