HOME > バーチャルショップ > 書籍詳細
書籍詳細

実践!企業のためのマイナンバー取扱実務

榎並 利博 著 著
A5/ 240頁/ 9784539724187/ 冊/ 定価2,376円 (本体価格2,200円)
目次を表示
数量

内容紹介
マイナンバー

企業のマイナンバー取扱い実務を把握するのに最適の1

 マイナンバーの通知が201510月から始まり、その3ヵ月後の20161月からは民間企業の実務においても社員や顧客のマイナンバーを使用しなければならない。企業にとっては対応に待ったなしの状況である。
 本書では、明らかになったガイドライン等の内容を踏まえ、具体的なマイナンバーの取扱い実務、安全管理措置と委託実務、税務における実務、社会保障における実務、健康保険組合におけるマイナンバー対応について整理しながら留意点を解説している。また、今後無視できないこれからの民間ビジネスへの影響と展望についてもまとめた。
 マイナンバーの法令や制度を概観した前著『マイナンバー制度と企業の実務対応』(20146月)と比べると、その後公表された取扱いガイドラインや税務・社会保障関係のマイナンバー対応帳票様式などを盛り込んでいるため、より実務的な内容となっており、前著が基礎編であるのに対して、本書は実践編という位置づけで、具体的な企業対応を行ううえで必読の1冊。

平成27年3月20日刊


著者紹介
マイナンバー

榎並利博(えなみとしひろ)

株式会社富士通総研 経済研究所主席研究員

Emailenami.toshihiro@jp.fujitsu.com

●経 歴

1981年東京大学文学部考古学科卒業、同年富士通株式会社入社。1996年富士通総研へ出向。新潟大学・中央大学・法政大学の各非常勤講師および早稲田大学公共政策研究所客員研究員の兼務を経て、現職。

●専門分野

電子政府・電子自治体、地域活性化、行政経営。最近の研究テーマは、マイナンバー、地域イノベーション、文字コード問題など。

2013年度電気通信普及財団賞テレコム社会科学賞受賞

http://www.taf.or.jp/record/c01/index.html

●執筆書籍ほか

「電子自治体実践ガイドブック」[共著](日本加除出版 20147月)

「マイナンバー制度と企業の実務対応」(日本法令 20146月)

「共通番号(マイナンバー)制度の仕組みと導入・運用対策(セミナーDVD)」(地域科学研究会 20143月)

「番号制度導入・運用のロードマップ」[共著](地域科学研究会 201311月)

「マイナンバー法で会社実務はこう変わる(セミナーDVD)」(日本法令 201311月)

「情報ネットワークの法律実務」[共著](第一法規 20134月)

「地域イノベーション成功の本質」(第一法規 20132月)

「マイナンバーがやってくる」[共著](日経BP社 201210月)

「マイナンバー(共通番号)制度と自治体クラウド」[共著](地域科学研究会20125月)

「自治体クラウド」[共著](学陽書房 20119月)

「共通番号(国民ID)のすべて」(東洋経済新報社 201012月)

「市民が主役の自治リノベーション」[共著](ぎょうせい 20076月)

「自治体のマネジメント改革」[共著](ぎょうせい 20057月)

「社会変革する地域市民」[共同翻訳](第一法規 200412月)

「住基ネットで何が変わるのか」(ぎょうせい 20038月)

「電子自治体-実践の手引」(学陽書房 20036月)

「電子自治体-パブリック・ガバナンスのIT革命」(東洋経済新報社 20027月)

「自治体のIT革命」(東洋経済新報社 20006月)

その他、論文・寄稿等多数。