HOME > バーチャルショップ > 書籍詳細
書籍詳細

労働法実務講義【第三版】

神戸大学教授 大内伸哉 著 著
A5/ 1320頁/ 9784539724231/ 冊/ 定価5,184円 (本体価格4,800円)
目次を表示
数量

内容紹介
労働法実務講義【第三版】

労働法実務担当者必見!

働き方が多様化しているなか、また、労働基準法や労働契約法など、労働を取り巻く法律の頻繁な改正に伴い、事業主の労務管理の在り方も複雑化してきている。

本書は、そのような時代背景に伴いめまぐるしく変わる労働法について、判例や通達等を多数紹介し、多角的に、そして実務に応用できるよう、深く解説している。

実務に役立つ労働法の考え方が身につく、実務担当者待望の第三版!

平成27年4月20日刊

 

 


著者紹介
労働法実務講義【第三版】

大内伸哉(おおうち しんや)

1963年生まれ

東京大学法学部卒業、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了、同博士課程修了(法学博士)、神戸大学法学部助教授、現在、神戸大学大学院法学研究科教授。

『歴史からみた労働法』(2012年,日本法令)

『労働の正義を考えよう』(2012年,有斐閣)

『労働法学習帳(第3版)』(2013年,弘文堂)

『解雇改革』(2013年,中央経済社)

『君の働き方に未来はあるか?』(2014年,光文社)

『雇用改革の真実』(2014年,日本経済新聞出版社)

『最新重要判例200労働法(第3版)』(2014年,弘文堂)

『労働時間制度改革』(2015年,中央経済社)その他多数