HOME > バーチャルショップ > 書籍詳細
書籍詳細

事実婚・内縁 同性婚 2人のためのお金と法律 法律・税金・社会保険からライフプランまで

今井多恵子 坂和宏展 竹下さくら 他 著 著
A5/ 260頁/ 9784539724507/ 冊/ 定価1,944円 (本体価格1,800円)
目次を表示
数量

内容紹介

法的な「婚姻」のかたちをとらない「事実婚・内縁関係」と「同性婚」の法律・税務・社会保険・ライフプランを各分野の専門家がわかりやすく解説

家族の在り方、パートナーの結びつき方は多様化し、法的な「婚姻」という形には止まらず、自らの意思で婚姻届を出さない・縛られないという選択肢を採るパートナーも増えてきている。また、パートナーの結びつき方は男女の結びつき方だけでなく、渋谷区や世田谷区で同性のパートナーを結婚に相当する関係と認める条例が成立したのは記憶にも新しいところだ。しかし、婚姻届を出していないパートナーの関係は、直接的な規定が法律に存在するわけではない。

本書は、弁護士、税理士、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーといった各分野の専門家が、どのような場合に単なる「交際相手」ではなく法的な「パートナー」と認められるのか、子供が生まれた場合の認知、一方が死亡した場合の相続、社会保険や介護、マイホームを持ちたいときのローンの扱いはどうなるかなど、様々な問題に着目して執筆した、ほかには類をみない1冊である。


著者紹介

●著者略歴●

今井 多恵子(いまい たえこ)

弁護士

慶應義塾大学法学部法律学科卒業。平成18年弁護士登録。

離婚等を取り扱う一般民事の法律事務所とベンチャーから上場会社まで企業法務を中心に取り扱う法律事務所の双方を経験したのち、平成25年、友人の同期の弁護士とともに平河町にてist総合法律事務所を設立。企業法務および個人からの相談案件(離婚、相続、住宅問題など)も幅広く取り扱っている。クライアントの想いを大切にしながら、解決方法を共に考えていく姿勢で臨んでいる。

主な著作に「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 会社設立のしかたがわかる本」(共著、ショーテック社)ほか、セミナー多数。

坂和 宏展(さかわ ひろのぶ)

弁護士

大阪大学法学部法学科卒業。平成18年弁護士登録。

東京で3年半勤務弁護士を経て、平成22年、大阪弁護士会に登録換えし、現在、坂和総合法律事務所にて執務。一般民事事件、企業法務等(一般民事事件では交通事故問題が多く、また、特色ある分野としては都市計画、市街地再開発、土地区画整理等の「まちづくり」に関する分野がある)のほか、離婚、相続等の家事事件も幅広く手がけている。家事事件においては特に、将来の家族関係やライフプランを見据えた長期的な見通しを含む依頼者の理解と納得が重要と考え、丁寧な説明とともに事件の解決に取り組むことを心がけている。

http://www.sakawa-lawoffice.gr.jp/

市川 恭子(いちかわ きょうこ)

公認会計士、税理士

筑波大学大学院経営政策科学研究科修了。

平成7年太田昭和監査法人(現新日本監査法人)入所。平成11年公認会計士登録。上場会社、IPO準備会社の監査業務に従事。平成15年資産税特化税理士法人に入所。税理士登録。相続税、贈与税の申告、タックスプランニング業務に従事。その後、内部統制構築支援業務等を経て平成23年市川税務会計事務所開業。「いざという時のために相続を知ろう」などセミナー多数。

主な著作に「リテール営業で今すぐ使える税金の本」(共著、中央経済社)ほか。

 

安井 郁子(やすい いくこ)

特定社会保険労務士

三重大学人文学部社会科学科(現法律経済学科)卒業。

大学卒業後に勤務した生命保険会社での仕事を通じて、遺族年金や労災保険などの公的保障に興味をもつ。平成14年社会保険労務士の資格を取得し、平成15年社会保険労務士登録。会計事務所で勤務後、2人の育児に専念し、末子の幼稚園入園を機にやすい社会保険労務士事務所を設立。

10年後の会社を見据えた人事革命」(世田谷区)等セミナーほか、雑誌執筆多数。

法令だけに固執しない、顧客目線でのアドバイスには定評がある。

竹下 さくら(たけした さくら)

CFPⓇ、1級ファイナンシャルプランニング技能士、精神保健福祉士

慶應義塾大学商学部卒業。千葉商科大学大学院 会計ファイナンス研究科MBA課程 客員教授。

損害保険会社の営業推進部門業務部門、生命保険子会社の引受診査部門を経て、FPとして平成10年独立、現在に至る。主に個人の相談・執筆・講演を行っている。

主な著作に「絶対トクする!住宅ローンの借り方・返し方2015年版」(エクスナレッジ社)、「保険に入ろうかなと思ったときにまず読む本」(日本経済新聞社)、「退職後の人生プラン作成ノート」(日本法令)ほか。

http://www.office-takeshita.com