HOME > バーチャルショップ > 書籍詳細
書籍詳細

小規模宅地等の特例 適用可否の分岐点

岩下忠吾/著 著
A5/ 304頁/ 9784539725771/ 冊/ 定価2,592円 (本体価格2,400円)
目次を表示
数量

内容紹介

相続した土地が最大で80%評価減となる小規模宅地等の特例は、相続税の課税対象世帯では必ず検討が必要です。

この特例は要件も複雑で改正も多いことから、適用ミスも少なくありません。

そこで本書では、小規模宅地等の特例の基礎知識を解説するとともに、適用上「誤りやすい事例」をベースに、その活用のポイントについてわかりやすく紹介していきます。

 

主要目次


第1章 小規模宅地等の特例の沿革

第2章 小規模宅地等の特例とは

第3章 特定居住用宅地等の特例のポイント

第4章 特定事業用等宅地等の特例のポイント

第5章 貸付事業用宅地等の特例のポイント

第6章 小規模宅地等の特例を活用するための要件整備

第7章 申告書作成事例