HOME> バーチャルショップ > 商品詳細
商品詳細


  >   > 実務

従業員トラブルアドバイス・解決技術:会員用

注文番号: 従業員トラブルアドバイス:会員用
ブレインコンサルティングオフィス DVD/1セット入
価格24,300円(本体価格22,500円)

数量

商品紹介
従業員トラブルアドバイス解決技術
※本商品は前金制をとっております (ご注文後、弊社より請求書を送付し、ご入金確認後に商品の発送をいたします)。
お急ぎの方は便利なクレジット決済をお勧めいたします。

「従業員トラブルアドバイス・解決技術」

従業員の問題行動、人間関係トラブル、離職問題・・・・
エニアグラムを用いたアドバイス技術を身につける

事業主から従業員の問題行動、人間関係のトラブル、離職問題などの悩み、相談を受け、「どうしたらよいか?」と解決方法を求められた経験はないでしょうか?

ストレスチェック制度もはじまり、従業員のうつ・メンタルヘルス不調問題の予防として対策を求められています。 しかし、ストレス度が高いのは、従業員ばかりではありません。 全員と向き合わなければならない中小企業経営者は、最も社員とのストレスに苦しんでいるのではないでしょうか。

会社で働く従業員一人ひとりは、「男女」「年代」「経験」「環境」が異なっています。
その異なるそれぞれに、コミュニケーション方法を変える事にも相当のストレスを感じます。
ましてや、コミュニケーション対応の方法を間違えた時、トラブルへと発展する可能性もあります。

社労士として、法律的なアドバイスはできると思いますが、やはり、人の問題としっかり向き合うためにはいかに年代や男女を超えて、相談に乗れるかという技術が求められます。

「エニアグラム」という人間の本質を9つのタイプに分けて考える性格応用心理学を用いることによって、年代、社会環境、経験に関係のない、全ての人が持っている、自我(気質)のタイプに焦点をあてて、問題を解決する手法を学びます。

エニアグラムとは何か?という基本解説、社労士対談による現場での解決事例などをご覧いただける「基礎講座DVD」となっています。

※このDVDは、昨年WEB講座として配信した「従業員トラブルアドバイス・解決技術」の
 再編集版となり、同じ内容です。昨年同講座を受講いただいた先生はご注意ください。

エニアグラムとは?

エニアグラムとは、性格は特定の自我(気質)から形成され、人間は生まれながらにして9つの気質タイプに分けられるという考えに基づき理論化、体系化された性格応用心理学です。

9つのタイプは3つの神経伝達物質「セロトニン」「ノルエピネフリン」「ドーパミン」の活性の高低によって決定しており、さらにタイプは人間の気質、個性、行動、価値観、生き方に大きな関係があることが、科学的に解明されています。

米国ではスタンフォード大学MBAコースに採用されたのを始め、CIA、モトローラ、ディズニー、ヒューレットパッカードなど大手企業が既に導入し、日本国内ではソニーがリーダー研修やチームビルドのプログラムとして採用している他、財務省、人事院、法務省の検察改革の研修に用いられており、看護師、介護職、コールセンター、中小企業の経営指導などに広がっています。 教育界では「家庭教師のトライ」が塾の生徒教育指導に効果をあげています。

エニアグラム


 この講座を受講することで得られること

  • 9つの自我(気質)を知ることにより自分と相手は違う世界を見、違う言語を使っている事が分かります。
  • 自分のタイプを理解(自己理解)することによって深い自己受容が出来るようになり、精神が安定し、自己信頼感、安心感が得られます。
  • 他者のタイプにおける考え方・心理、以前は理解できなかった他者の言動が理解できるようになります(他者理解)。

エニアグラムを学んだ社労士の先生の声

(50代/男性/タイプ9)

エニアグラムを知ったきっかけ・学ぼうと思った理由

エニアグラムを知ったきっかけは、PSRの入門講座です。受講してみて、まず自分のタイプ(T9)のことがはっきり分かりました。それを出発点として自己変容、さらには他者の変容、最終的には組織風土改善につながる手法になると考えたため、深く学ぼうと考えました。

安村先生の講義について

前もって準備された講義内容をただ話されるのではなく、受講者のアウトプットをもとに内容が変わってくるところが面白いところです。こんなところは講師のタイプ(T4)ならではの講座の進め方だと思います。逆に言えば、受講者のアウトプットがないと講義自体も単調なものになってしまうともいえます。良きにつけ悪しきにつけ講座は講師と受講者の共同作業だと思います。

エニアグラム学習後の変化

まず自己の内面に絶えず関心が向くようになったということ。何らかの事象に直面した時、まず、自分はそれをどう受け止め、どのように反応し、どのように行動したのか?この点に関心が向くようになりました。

次に、相手に対しても、まずは「どんなタイプなのだろう」ということを考えるようになり、自分なりに仮説を立て、質問等を投げかけることによってタイプを特定するようなアプローチをするようになりました。また、それにより相手の言動に納得感が増すようになりました。

エニアグラムの活用法

現在の仕事(人事制度構築支援、研修の企画・実施等)に更に厚みと奥行きが増すのではないかと期待しています。特にこれまで個別対応という面で不足していましたので、よりきめ細やかなコンサルティングが可能になると考えています。

(30代/女性/タイプ9)

エニアグラムを知ったきっかけ・学ぼうと思った理由

社労士向けの情報提供サービスのメルマガで、問題社員への対応に役立つツールとしてエニアグラムが紹介されており、興味がわきましたので、体験セミナーを受講したのがきっかけです。

安村先生の講義について

数多くの実体験を交えてお話してくださるので、イメージがわき易いです。また、ユーモアを交えてお話してくださるので、楽しみながら参加できております。また、参加者にやる気が欠けているときなどには、厳しく注意をしてくださり、学ぶ姿勢について考えさせられる良い機会となりました。

エニアグラム学習後の変化

今まで何となく意識せずにしていた行動が、自分のタイプの根元的恐れから来るものだと知ったとき、全く意識したことのない感覚だったにも関わらず、何故だか腑に落ちました。落ち込んで感情がコントロールできなくなる時がたまにあるのですが、その混乱が自分のタイプに起因する欲求との葛藤から来ていることがわかり、混乱に飲み込まれるのではなく、少し距離を置いて自分を見ることができるようになった気がします。

エニアグラムの活用法

何故だかわからないけれど、繰り返してしまう行動や止められない思考などの理由を、エニアグラムを通して理解する手助けをすることにより、苦悩を和らげ、成長につなげる道筋を示せたらと願っています。

経営者と従業員、上司と部下の関係で悩みを抱える関与先企業に、エニアグラムを活用して的確なアドバイスができるようになりたいと考えています。

■ DVD内容

  1. 本講義の目的
  2. 学習のための4つのルール
  3. 何故、人事・労務のコンサルティングにエニアグラムを使うのか
  4. 良質なコンサル業務のために、何が必要か
  5. 何故、自己理解は必要か
  6. 何故、他者理解は必要か
  7. 他者理解による医療現場での問題解決事例
  8. エニアグラムはどのような課題を解決できるか
  9. エニアグラムとは何か
  10. エニアグラムと他の心理系ツールとの違い
  11. 脳内神経伝達物質について
  12. 各タイプの特徴(タイプ1~タイプ9)
  13. 自我・気質はどのようにして診断するのか
  14. ワーク:OKワードで自分のタイプを診断する
  15. まとめ

■ 社労士対談(現場での解決事例)

  1. 安村先生 × 小山克也先生(アライアンス社会保険労務士法人)
    • エニアグラムとの出会いと学習
    • 事例1「保育園園長からの解雇相談対応事例」
    • 事例2「社長である夫を亡くした妻の残務整理の支援事例」

  2. 安村先生 × 半田朱実先生(半田朱美社会保険労務士事務所)
    • エニアグラムとの出会いと学習
    • 事例「虚偽報告をした介護士に、適切な指導で業務態度を改善させた事例」

■講師

安村 明史(やすむらめいし)

株式会社エニアグラムコーチング取締役社長
一般社団法人日本コミュニケーション協会代表理事

略歴

  • 1958年3月生
  • 性格応用心理学の専門家として、NHKクローズアップ現代などから取材を受ける識者
  • 15年間の学習塾経営後、リクルート系コンサルタント会社で人材教育に従事
  • 日本で初めてエニアグラムコーチングのプログラムを開発。 2006年、パリで開催された第一回エニアグラム&コーチング国際会議に日本よりただ一人出席。
  • 厚生労働省 雇用・能力開発機構『コーチング技法』テキスト執筆者、元講師
  • 累計4万人以上の読者を持つメルマガを月8回発行

主な実績

  • プレジデント、毎日新聞などに掲載
  • 財務省上級職員研修(4年間)、大規模医療法人幹部研修、ソニーリーダー研修などの講師、人事コンサルティング多数
  • コーチング・カウンセリングセッション時間3,000時間以上
  • エニアグラム・コーチングセミナー教授人数3,000人以上
  • 2012年5月BSフジ「社長密着24時」に出演
  • 2013年2月日刊ゲンダイに掲載
  • 同年2月ニッポン放送「情報発見ココだけ」に出演
  • 2014年10月プレジデント「職場の心理学」にインタビュー記事掲載
  • 2016年5月30日号プレジデント相手の性格別「言い方、聞き方」大全特集16ページ掲載
  • プレジデントムック「人に好かれる心理学」(12/31日発売)

著書

  • 「9タイプ・コーチング」
    (PHP研究所・コスモトゥーワン)
  • 「やる気を引き出す言葉の選び方」
    (PHP研究所)
  • 「自分の『性格説明書』9つのタイプ」
    (講談社+α新書)

所属学会

  • 日本動物行動学会
  • ヘルスカウンセリング学会
 

商品のさらに詳しい内容
についてのお問い合わせ

株式会社ブレインコンサルティングオフィス
http://www.psrn.jp/

TEL03-5217-2670