お問い合わせ

  • 〒101-0032
  • 東京都千代田区岩本町1-2-19
  • 株式会社日本法令 SJS会員係
  • 会員直通:03(6858)6965
  • FAX番号:03(6858)6968
お電話での受付時間
平日 9:00~17:30

お問い合わせはこちら

ビジネスガイド WEB版

施行直前! 「改正育介法・均等法」実務&規程画像

施行直前! 「改正育介法・均等法」実務&規程

SJS会員には月刊ビジネスガイドを1年分お届けします。

SR WEB版

施行直前!育児・介護&ハラスメント関係の法改正 実務への落とし込み&企業への提案手法画像

施行直前!育児・介護&ハラスメント関係の法改正 実務への落とし込み&企業への提案手法

プレミアム会員は SR WEB 版をサイト内で閲覧できます。

SSL グローバルサインのサイトシール

このシステムは、SSL(Secure Socket Layer) 技術を使用しています。ご入力いただいたお客様情報はSSL暗号化通信により保護されております。SSL詳細は上のセキュアシールをクリックして確認することができます。

週刊SJS

2014年06月

「改正労働安全衛生法」が公布されました。

公開日:2014年06月27日
6/19に成立した「改正労働安全衛生法」(平成26年法律第82号)が6/25に公布されました。改正項目ごとのポイントは次の通りです。

(1)化学物質管理のあり方の見直し
・特別規則の対象にされていない化学物質のうち、一定のリスクがあるものなどについて、事業者にリスクアセスメントを義務付ける。
(2)ストレスチェック制度の創設
・医師、保健師などによるストレスチェックの実施を事業者に義務付ける。(ただし、従業員 50 人未満の事業場については当分の間努力義務とする)
・事業者は、ストレスチェックの結果を通知された労働者の希望に応じて医師による面接指導を実施し、その結果、医師の意見を聴いた上で、必要な場合には、適切な就業上の措置を講じなければならないこととする。
(3)受動喫煙防止対策の推進
・労働者の受動喫煙防止のため、事業者及び事業場の実情に応じ適切な措置を講ずることを努力義務とする。
(4)重大な労働災害を繰り返す企業への対応 
・厚生労働大臣が企業単位での改善計画を作成させ、改善を図らせる仕組みを創設する。(計画作成指示などに従わない企業に対しては大臣が勧告する。それにも従わない企業については、名称を公表する)
(5)外国に立地する検査機関などへの対応
・ボイラーなど特に危険性が高い機械を製造などする際の検査などを行う機関のうち、外国に立地するものについても登録を受けられることとする。 
(6)規制・届出の見直しなど
・建設物または機械などの新設などを行う場合の事前の計画の届出を廃止する。
・電動ファン付き呼吸用保護具を型式検定・譲渡制限の対象に追加する。

施行期日は、公布日(6/25)から起算して、(6)は6月、(3)(4)(5)1年、(2)は1年6月、(1)は2年を超えない範囲において政令で定める日となっています。
  • 安衛法 労働安全衛生法 改正
労働安全衛生法が改正されました(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000049191.html
労働安全衛生法の改正について(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/an-eihou/
【通達】労働安全衛生法の一部を改正する法律について(平成26年6月25日付け基発0625第4号)
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000049231.pdf

「ジョブ型正社員」最新情報! 就業規則例の公表時期は?

公開日:2014年06月25日
6月24日に「規制改革実施計画」が閣議決定されました。
雇用分野では個別措置事項として下記の4項目が挙がっています。

(1)ジョブ型正社員の雇用ルールの整備
(2)労働者派遣制度の見直し
(3)有料職業紹介事業等の規制の見直し
(4)労使双方が納得する雇用終了の在り方

このうち、最も注目すべき「ジョブ型正社員の雇用ルールの整備」について、規制改革の内容および実施時期が次の通り示されています。

●職務等に着目した「多様な正社員」モデルの普及・促進を図るため、労働条件の明示などの雇用管理上の留意点、好事例及びそれらを踏まえた就業規則の規定例等を取りまとめ、周知を図る。
  →平成26年7月までに取りまとめ、速やかに実施
●労働契約の締結・変更時の労働条件明示、無限定正社員との相互転換・均衡処遇について、当面、労働契約法(平成19年法律第128号)の解釈を通知し周知を図る。
  →平成26年中に実施
●労働契約の締結・変更時の労働条件明示、無限定正社員との相互転換及び均衡処遇に関する政策的支援の制度的枠組みについて検討する。
  →平成26年度検討・結論、結論を得次第措置

なお、ビジネスガイド2014年8月号(7/10発売号)では特集記事として「『限定正社員』をめぐる最新論点整理と制度導入時の実務的留意点」(執筆:松下法律事務所 松下守男弁護士)を取り上げ、限定正社員に関する主要論点を整理し、限定正社員の解雇のルールや労働条件(賃金)の定め方等について解説いたします。
  • ジョブ型正社員 多様な正社員 限定正社員 解雇 労働条件 賃金 就業規則
「規制改革実施計画」(平成26年6月24日閣議決定)
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/publication/p_index.html
第13回「多様な正社員」の普及・拡大のための有識者懇談会 →「資料」別紙2に規定例(案)を掲載
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000048334.html

改正安衛法案が成立。「ストレスチェック」の実施が義務付けられます!

公開日:2014年06月19日
医師、保健師等によるストレスチェックの実施等を事業者に義務付ける「改正労働安全衛生法案」が、本日(6/19)の衆議院本会議で成立しました(本法案は参議院先議でした)。なお、ストレスチェック制度義務化についての施行日は改正法の公布日から起算して1年6月以内とされており、従業員50人未満の事業場については当分の間は努力義務とされます。

 【労働安全衛生法の一部を改正する法律案の概要】
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-53.pdf

当社では、改正法施行後の対応について、三柴丈典氏(近畿大学法学部教授・一般社団法人産業保健法務研究研修センター理事)が解説するセミナー「改正安衛法『ストレスチェック制度』実施の影響と企業に求められる対応」を大阪と東京で開催いたします。ぜひご参加ください!

◆大阪会場(7/27AM)
  http://www.horei.co.jp/sjs/seminar/detail.html?seminar_id=41
◆東京会場(8/9AM)
  http://www.horei.co.jp/sjs/seminar/detail.html?seminar_id=44
〔カリキュラム〕
 1.労働安全衛生法改正(ストレスチェック制度創設)の背景
 2.「ストレスチェック制度」実施の目的、内容および対象範囲
  …希望者に対するストレスチェック、医師による面接指導、就業上の措置等
 3.企業実務へ与える影響と人事労務担当者・社労士が果たす役割
  …潜在化していたメンタルヘルス疾患の顕在化、従業員への対応等

※7/27PMに大阪会場で、8/9PMに東京会場で開催されるセミナー「改正パート労働法等の実務への影響と今後企業が検討すべきポイント」と同時にお申込みいただくと、受講料が割引となります。
※SJS社労士情報サイト会員の方は会員ページにログインしてからお申し込みください。
  • 労働安全衛生法 安衛法 改正 メンタルヘルス ストレスチェック
衆議院インターネット審議中継(6/13厚生労働委員会に三柴氏が参考人招致)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=44025

「年度更新」と「算定・月変」の手続きは7/10(木)まで!

公開日:2014年06月18日
平成26年度における「労働保険年度更新」の手続期間は6月2日(月)から7月10日(木)まで、「算定基礎届」の提出期間も7月10日(木)までとなっています。

【労働保険年度更新に係るお知らせ(厚生労働省)】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/roudouhoken21/

※今年度、特に注意すべき「消費税率の引上げに伴う労務費率の暫定措置」については下記でご確認ください。建設の事業で請負金額から賃金総額を算定している事業には影響があります。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000044597.pdf

【算定基礎届の提出(日本年金機構)】
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail_2053.html

※今年度より「健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額算定基礎届総括表附表(雇用に関する調査票)」の様式が変更されています。
http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000019886lVx8EyUlLO.pdf (PDF)
http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000019711OBkZKaIf6R.xls (EXCEL) 

なお、それぞれの手続方法については「ビジネスガイド」2014年7月号でも解説しています。
  • 労働保険 年度更新 健康保険 厚生年金 算定 月変

協会けんぽ新様式に関する最新情報! 「傷病手当金支給申請書」は4ページに

公開日:2014年06月13日
今年7月1日から協会けんぽの申請書・届出書の様式が新しくなります。

このうち、「療養費支給申請書」「高額療養費支給申請書」「傷病手当金支給申請書」「埋葬料(費)支給申請書」の旧様式には「負傷原因記入欄」が設けられていましたが、新様式ではこの欄がなくなり、負傷(ケガ)が原因でこれらの給付を申請する際には添付書類として「負傷原因届」(A4・1ページ)の提出が必要となります(「負傷原因届」の様式も協会けんぽホームページでダウンロードできるようになります)。

また、「傷病手当金支給申請書」は従来の3ページから4ページに変更されます。
 ・1ページ目:被保険者記入用(申請者情報、振込先指定口座)
 ・2ページ目:被保険者記入用(申請内容、確認事項)
 ・3ページ目:事業主記入用(事業主の証明)
 ・4ページ目:療養担当者記入用(療養担当者の意見書)

なお、7月1日以降すぐに旧様式を使用することができなくなるわけではありませんが、協会けんぽではスムーズな手続きができるよう新様式への切替えについて協力を呼びかけています。
  • 健康保険 健保 協会けんぽ 申請 届出

「改正年金法」が6/4に成立しました!

公開日:2014年06月06日
 「政府管掌年金事業等の運営の改善のための国民年金法等の一部を改正する法律案」が6月4日(水)に可決・成立いたしました。

 内容は次の通りです。
(1)年金保険料の納付率の向上方策等
a 納付猶予制度の対象者を、30歳未満の者から50歳未満の者に拡大する。
b 大学等の学生納付特例事務法人について、学生から納付猶予の申請の委託を受けた時点から、当該納付猶予を認める。
c 現行の後納制度に代わって、過去5年間の保険料を納付することができる制度を創設する。
d 保険料の全額免除について、指定民間事業者が被保険者からの申請を受託できる制度を設ける。
e 滞納した保険料等に係る延滞金の利率を軽減する。
(2)事務処理誤り等に関する特例保険料の納付等の制度の創設
 事務処理誤り等の事由により、国民年金保険料の納付の機会を逸失した場合等について、特例保険料の納付等を可能とする制度を創設する。
(3)年金記録の訂正手続の創設
 年金個人情報(国民年金及び厚生年金保険の原簿記録)について、被保険者等による訂正請求を可能とし、民間有識者の審議に基づき厚生労働大臣が訂正する手続を整備する。
(4)年金個人情報の目的外利用・提供の範囲の明確化
 年金個人情報の目的外提供ができる場合として、市町村が行う高齢者虐待の事実確認に関する事務等を追加する。

 なお、施行期日は原則として平成26年10月1日ですが、(1)eについては平成27年1月1日、(1)dについては平成27年7月1日、(1)cについては平成27年10月1日、(1)aについては平成28年7月1日、(2)については公布の日から起算して2年を超えない範囲内において政令で定める日、(3)については社会保障審議会の分科会の新設等は平成27年1月1日、訂正請求の受付・調査の開始は3月1日、訂正決定等の実施は4月1日となっています。
  • 年金 国民年金 厚生年金

法改正情報(第186回国会)のまとめ

公開日:2014年06月03日
現在開会中の通常国会(第186回国会。会期末は6月22日)において成立した法案および成立前の提出法案に関する情報です。

【雇用保険法改正案】
 ●1/31提出→3/28成立・3/31公布(本年4/1施行および10/1施行予定)
 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-01.pdf
 (項目)
 ・育児休業給付の充実
 ・教育訓練給付金の拡充及び教育訓練支援給付金の創設
 ・就業促進手当(再就職手当)の拡充
 ・平成25年度末までの暫定措置の延長(3年間)

【パートタイム労働法改正案】
 ●2/14提出→4/16成立・4/23公布(公布から1年以内に施行予定)
 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-28.pdf
 (項目)
 ・短時間労働者の均等・均衡待遇の確保
 ・短時間労働者の納得性を高めるための措置
 ・その他(事業主名の公表規定の創設等)

【国民年金法・厚生年金保険法等改正案】
 ●2/14提出→6/4成立・6/11公布(主に本年10/1施行予定)
 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-33.pdf
 (項目)
 ・年金保険料の納付率の向上方策等
 ・事務処理誤り等に関する特例保険料の納付等の制度の創設
 ・年金記録の訂正手続の創設
 ・年金個人情報の目的外利用・提供の範囲の明確化

【有期雇用特別措置法案】
 ●3/7提出→6/5衆院通過→継続審議
 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-43.pdf
 有期の業務に就く高度専門的知識を有する有期雇用労働者等について、労働契約法に基づく無期転換申込権発生までの期間(通算5年)に関する特例を設ける。

【労働者派遣法改正案】
 ●3/11提出→廃案
 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-48.pdf(項目)
 ・特定労働者派遣事業と一般労働者派遣事業の区別の廃止(すべて許可制に)
 ・専門26業務の廃止
 ・派遣労働者個人単位の期間制限(3年)と派遣先の事業所単位の期間制限(3年、一定の場合に延長可)の創設
 ・派遣元事業主に対し派遣労働者へ新たな派遣先を提供すること等の義務付け
 ・派遣労働者の均衡待遇の確保・キャリアアップの推進

【労働安全衛生法改正案】
 ●3/17提出→6/19成立・6/25公布
 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/186-53.pdf
 (項目)
 ・化学物質管理のあり方の見直し
 ・ストレスチェック制度の創設
 ・受動喫煙防止対策の推進
 ・重大な労働災害を繰り返す企業への対応 等
  • 改正 法改正 雇用 労働 年金 安全衛生
第186回国会(常会)提出法律案/厚生労働省関係
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/186.html
パートタイム労働法が変わります
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000044198.html
パートタイム労働法改正のポイント
http://www.mhlw.go.jp/topics/2007/06/tp0605-1o.html
パート労働ポータルサイト
http://part-tanjikan.mhlw.go.jp/check/index.html

7月から協会けんぽの申請書・届出書が新しくなります!

公開日:2014年06月01日
協会けんぽから、今年7月より申請書・届出書の様式が新しくなることが発表されました。

【新しくなる主な様式】
・健康保険給付に関する様式…9点
・保険証等再交付に関する様式…2点
・任意継続に関する様式…4点
・健康診断に関する様式…1点 等

【変更点】
・文字が見やすくなった!
・レイアウトが工夫された!
・記入の手引きが用意された!
・記入例が見やすくなった!

詳細については5月30日に協会けんぽホームページで公表されたリンク先のリーフレットでご確認ください。
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/g5/brochure.pdf
  • 健康保険 健保 協会けんぽ 申請 届出
全国健康保険協会(協会けんぽ)
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/