ログインしていません。会員番号をお持ちの方は、ログインしてご利用下さい。

商品詳細

実践事例からみる スクールロイヤーの実務

実践事例からみる スクールロイヤーの実務の画像
  • 実践事例からみる スクールロイヤーの実務の画像1
  • 実践事例からみる スクールロイヤーの実務の画像2
  • 実践事例からみる スクールロイヤーの実務の画像3
  • 実践事例からみる スクールロイヤーの実務の画像4
注文番号 書籍
著者・編者 弁護士 石坂浩 弁護士 鬼澤秀昌 著
サイズ A5判
入り数 1(404ページ)冊
ISBN 9784539727225
定 価 4,180円 (本体価格:3,800円)
会員価格 ログインしてご確認ください
在庫状況 在庫あり

概要

スクールロイヤーは子どもをHappyにする専門家、そして、教育、福祉、行政に次ぐ第4の軸となる

教員とのトラブルやいじめ、学級崩壊、不登校、モンスターペアレント、教員の過重労働などの問題解決の1つとして、「スクールロイヤー」(学校と弁護士の連携)が注目されています。
本書では、このスクールロイヤーというアプローチから、教育現場における弁護士の役割について取り上げ、スクールロイヤーとしてあるべき具体的なアプローチ手法や具体的解決方法について、実例をもとに解説します。

学校に関わる弁護士というと、立場としては「学校の代理人」という立場が大半かと思いますが、本書の目的は、あくまで「子ども」が学校で教育を受ける機会を保障されるために「弁護士に何ができるか?」であるため、「子ども」の利益を第一に考え、第三者的な立場で学校とその相手方(生徒や保護者)との調整を図りながらどう問題を解決していくかという視点で書かれています。
学校教育の現場に関心がある弁護士はもちろん、家庭裁判所の裁判官、調査官、そして実際の教育現場で日々奮闘している教育者の方々および教育行政に携わる方々にも役立つ内容となっています。



詳細

[目次]
はじめに ― 執筆者紹介・本書の目的・構成
●第1部 総論編
 第1章 スクールロイヤー定義 
 第2章 法律的アプローチ
 第3章 福祉的アプローチ
●第2部 実践事例
 第1章  学級問題【学級崩壊】
 第2章  保護者問題【モンスターペアレント】
 第3章  いじめ問題 
 第4章 第三者委員会 
 第5章 不登校問題 
 第6章 教員の労働環境【部活動問題等】 
 第7章 非行問題【少年非行】
 第8章 子どもの多様性【子どもの障害問題】 
 第9章 学校事故