ログインしていません。会員番号をお持ちの方は、ログインしてご利用下さい。

商品詳細

訴訟リスクを回避するメンタルヘルス不調社員の対応実務

訴訟リスクを回避するメンタルヘルス不調社員の対応実務の画像
  • 訴訟リスクを回避するメンタルヘルス不調社員の対応実務の画像1
  • 訴訟リスクを回避するメンタルヘルス不調社員の対応実務の画像2
  • 訴訟リスクを回避するメンタルヘルス不調社員の対応実務の画像3
  • 訴訟リスクを回避するメンタルヘルス不調社員の対応実務の画像4
注文番号 V66
仕様 DVD 講師:鈴木総合法律事務所 弁護士 鈴木仁史 弁護士 鈴木洋子
サイズ DVDトールケース
入り数 1セット
ISBN 9784539770658
定 価 10,584円 (本体価格:9,800円)
会員価格 ログインしてご確認ください
在庫状況 品薄

概要

メンタルヘルス不調社員への企業の対応は難しく、ひとつ対応を間違えてしまうと、 大きな問題に発展することが多く、訴訟リスクが非常に高い。特に近年、マスコミを 賑わしている事件では、基本的な対応が怠っているものが多く、それらの対策を しっかりしておけば、違う結果になっていたものもある。

本DVDでは、予防法務の観点から、訴訟リスク対応のためにどのような労務管理を 行えばいいかの、そして、就業規則の規定はどのように定めればいいのかがわかる。

また、復職の判断基準や治癒の判断主体、主治医と産業医の判断が異なるときの対応、 断続的な欠勤の算定などについても盛り込んである。それに加え、すぐに使える規定例として、 ①医師の検診命令の規定例、②休職命令の発令についての規定例、③休職期間についての 規定例、④復職全般の規定例、⑤休職期間の通算と利用回数などを収録している(Word形式)。

 



詳細

<講師>
鈴木総合法律事務所
弁護士 鈴木仁史
弁護士 鈴木洋子


<内容>    
・メンタルヘルスと企業の労務管理 
・メンタルヘルスとリスク対策 
・メンタルヘルス問題の特徴 
・メンタルヘルスの種類・原因、行政通達 
・メンタルヘルス不調社員と解雇 
・医師の診断についての業務命令 
・休職命令の発令およびその要件 
・最近の裁判例 
・復職の判断基準 
・職種・職務内容が特定されている場合の復職 
・職種・職務内容が特定されていない場合の復職 
・復職(治癒)の判断主体 
・医師の判断に依らない場合の法的リスク 
・主治医と産業医の判断が異なる場合 
・メンタルヘルス不調社員の欠勤期間の算定(断続的な欠勤) 
・復職後の再発~就業規則に復職後の欠勤に関する規定がある場合とない場合~ 
 

<収録時間>

  約 135