ログインしていません。会員番号をお持ちの方は、ログインしてご利用下さい。

商品詳細

7つのステップでできる部門業績評価制度のつくり方

7つのステップでできる部門業績評価制度のつくり方の画像
  • 7つのステップでできる部門業績評価制度のつくり方の画像1
  • 7つのステップでできる部門業績評価制度のつくり方の画像2
  • 7つのステップでできる部門業績評価制度のつくり方の画像3
  • 7つのステップでできる部門業績評価制度のつくり方の画像4
注文番号 書籍
著者・編者 河合克彦 著
サイズ A5判
入り数 1(344ページ)冊
ISBN 9784539724590
定 価 2,808円 (本体価格:2,600円)
会員価格 ログインしてご確認ください
在庫状況 在庫あり

概要

 企業経営にとって、集団の業績、つまり「部門業績」は当然重要だが、人事評価制度上、実際の取扱いとしては、「部門業績評価」にはあまり関心が示されていないのが現状である。現在の評価制度は「個人偏重」になりがちであるが集団主義で仕事を行う我が国にとっては、評価を個人主義で行うことには矛盾が生じているといえる。
 本書は、企業の「経営戦略、会計・経理」の分野と「人事管理」の分野を結びつけるためのツールとして「部門業績評価」を解説した他に類を見ない書籍である。管理部門の損益計算にもメスを入れ、部門業績評価制度の構築の仕方や、そのためのインフラについても解説している。著者の豊富なコンサルティング経験をもとに、事例を示しながら、実際に部門業績評価制度構築・運用上で使用する書式についても掲載。

詳細

Ⅰ 今、なぜ部門業績評価なのか
Ⅱ 成果(業績)とは
Ⅲ 部門業績評価制度を効果的にするインフラ
Ⅳ 管理部門の損益計算
Ⅴ 部門業績評価制度構築の実際
Ⅵ 代表的な部門業績評価項目の例示(部門別)
Ⅶ 部門業績の把握方法
Ⅷ 管理部門の部門業績評価
Ⅸ 部門業績評価制度がうまく機能する人事制度
Ⅹ 部門業績評価制度の実例
巻末資料