ログインしていません。会員番号をお持ちの方は、ログインしてご利用下さい。

商品詳細

医療とマイナンバー

医療とマイナンバーの画像
  • 医療とマイナンバーの画像1
  • 医療とマイナンバーの画像2
  • 医療とマイナンバーの画像3
  • 医療とマイナンバーの画像4
注文番号 書籍
著者・編者 安達和夫 榎並俊博 金子麻衣 中野直樹
サイズ A5判
入り数 1(334ページ)冊
ISBN 9784539724774
定 価 2,376円 (本体価格:2,200円)
会員価格 ログインしてご確認ください
在庫状況 在庫なし
 

概要

 2016年1月からマイナンバーの利用が始まった。社会保障や税の分野での利用が始まったところであるが、これからのマイナンバーの利活用分野として、「医療」の分野は大きなテーマである。
 医療分野は社会保障制度を支えるうえで重要な柱でありながら、わが国では、高齢化の進行による医療費の高騰や、医療機関等での情報化の遅れ、情報連携の不足など、課題が山積みの状況となっている。
 本書では、医療システムの現状と課題を挙げつつ、その解決の「カギ」としての医療分野におけるマイナンバー導入について考え、今後の医療制度や医療情報システムの在り方について論じた。今後、日本が参考とすべき先進的な海外の取り組みについても豊富に扱った。  現在政府で議論されている「医療等ID」についても大きな課題を問いかける1冊。


詳細

第1章 日本の医療システムの現状の課題
第2章 マイナンバーで変わる医療
第3章 医療へのマイナンバー導入における議論と展望
第4章 海外における社会保障制度を支える番号制度