ログインしていません。会員番号をお持ちの方は、ログインしてご利用下さい。

商品詳細

3訂版 不動産管理会社の設立・運営・移行

3訂版 不動産管理会社の設立・運営・移行の画像
  • 3訂版 不動産管理会社の設立・運営・移行の画像1
  • 3訂版 不動産管理会社の設立・運営・移行の画像2
  • 3訂版 不動産管理会社の設立・運営・移行の画像3
  • 3訂版 不動産管理会社の設立・運営・移行の画像4
注文番号 書籍
著者・編者 JPコンサルタンツ・グループ 編著
サイズ A5判
入り数 1(240ページ)冊
ISBN 9784539727577
定 価 2,310円 (本体価格:2,100円)
会員価格 ログインしてご確認ください
在庫状況 在庫あり

概要

3つの法人運営類型の特徴、活用策、運営方式の変更・移行の実務がよくわかる!

不動産オーナーや不動産事業に関わる多くの方からご支持を得ている書籍の3訂版が登場しました。
平成30年に成立した民法の相続法改正とそれに伴う税制改正に基づいた内容となっています。
改正の重要な項目である、配偶者の居住権、遺産分割、遺言、遺留分、相続の効力、相続人以外の者の貢献などについて新たな章を設けて解説しました。
不動産を多く所有する資産家にとって、その土地や建物を個人で管理するのか、もしくは管理会社等法人で管理するのか、判断に悩むところです。
しかし、近年の日本の税制の動きを考えても、不動産は法人で管理するのが賢明です。

本書は、不動産管理会社を活用することでどのような節税効果があるのか、その効果を引き出すためにどのようなことを実施し、留意する必要があるのかなどを詳しく解説。
また、3つの事業運営方式の特徴や移行の実務もあわせて解説。
不動産オーナーはもちろん、不動産事業に関わる実務家にも役立つ1冊です。




詳細

[目次]
第1章 不動産オーナーが抱える悩み
第2章 不動産管理会社設立のメリット・デメリット
第3章 法人事業運営のバリエーション
第4章 事業運営方式の選択と移行の留意点
第5章 会社設立の手順と運営管理の留意点
第6章 所得税・消費税の取扱いと節税効果
第7章 相続税・固定資産税の取扱いと節税効果
第8章 民法改正で相続がこう変わる