【東京12/2AM】働き方改革に伴う労基法改正後における労基署対策のポイント

カテゴリー: 労基署 / その他
  • 篠原 宏治 氏(特定社会保険労務士(元労働基準監督官)
  • 平成30年12月2日(日)10:30~13:00
  • 東京
    • 一般価格:14,000円(税込)
    • 会員価格:ログインしてご確認ください
申込受付中(お席に限りがございます。お申込みはお早目に!)
このセミナーに申込

セミナーの詳細

講師ご紹介

篠原 宏治(しのはら こうじ)
1978年生。愛媛県出身。愛媛大学工学部卒。労働基準監督官として大阪府と北海道の労働基準監督署に7年間勤務し、長時間労働や残業未払いなどに関する多数の相談対応、監督指導(臨検)、強制捜査などに携わる。日本年金機構、社労士法人勤務を経て、2016年2月に社会保険労務士事務所しのはら労働コンサルタントを開業。労務相談をメインとした企業サポートを行っている。めざましテレビ、日本経済新聞ほかメディア掲載実績多数。非営利一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構顧問。

講座の詳細

元労働基準監督官が教える!
働き方改革に伴う労基法改正後における労基署対策のポイント


 働き方改革関連法が可決・成立し、「時間外労働の罰則付き上限規制」「有給休暇の取得義務化」「高度プロフェッショナル制度」などを盛り込んだ改正労働基準法が、来年4月から順次施行されます。1947年の労基法制定以来70年ぶりとも言われる大改正を受けて、労働基準監督署による指導はさらに厳しさを増すとともに、従来とは異なる観点からの調査・指導が行われることが想定されます。

 本セミナーでは、臨検監督の流れを追いながら、労基法改正後の臨検監督において指摘されやすいポイントとその対策方法について解説します。


※ご不明な点がございましたら下記までお問合せください。
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-2-19
株式会社日本法令 出版部セミナー担当
TEL : 03-6858-6965 (平日9:00~17:30)

日程 ・ 開催時間

平成30年12月2日(日)10:30~13:00

カリキュラム

○労働基準監督官の役割
○臨検監督の種類と目的
○法改正後における臨検監督対応のポイント
  ・資料の作成・保存
  ・労働時間の把握・管理
  ・長時間労働への対応
  ・有給休暇取得義務化への対応
  ・高度プロフェッショナル制度

会場

連合会館(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
 … 東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅よりすぐ
    東京メトロ丸の内線 淡路町駅より徒歩4分
    都営地下鉄新宿線 小川町駅より徒歩2分
    JR中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分

 http://rengokaikan.jp/access

各種受講料金

各会員はログイン後に割引価格が適用されます。必ずログインしてお申込ください。

一般(非会員) 受講料 ¥14,000(税込み)
オンラインショップ会員 受講料 ¥14,000(税込み)
SJS社労士情報サイト会員 受講料 ¥9,000(税込み)
ZJS会員 受講料 ¥9,000(税込み)
ビジネスガイド定期購読会員 受講料 ¥11,000(税込み)
SR定期購読会員 受講料 ¥11,000(税込み)
社労士V会員 受講料 ¥11,000(税込み)
家族信託実務ガイド 受講料 ¥11,000(税込み)