HOME > バーチャルショップ > 書籍詳細
書籍詳細

企業のための 副業・兼業 労務ハンドブック

田村裕一郎 [編著] 他6名 [共著] 著
A5/ 284頁/ 9784539726037/ 冊/ 定価2,592円 (本体価格2,400円)
目次を表示
数量

内容紹介

「副業・兼業」を解禁する企業が最初に読む本!

本業とは別の仕事に就いたり、複数の仕事をかけもつ、いわゆる「副業」に関心が集まっています。2018年1月、厚生労働省が「モデル就業規則」から副業禁止の項目を削除するなど政府も副業を推奨しています。

しかし企業にとっては、雇用している労働者の副業を容認するにあたり、労働時間の通算や労災の責任の所在ほか様々な労務管理上の問題や、企業秘密漏洩のようなトラブルに対応しなければなりません。


本書は、このような副業を解禁するにあたっての法律的なリスクとその予防・対応策を、経営・労務に詳しい弁護士がわかりやすく解説する初の書籍です。

参考裁判例、書式、就業規則案も収録。

企業がいま知りたい「副業・兼業」解禁のすべてがここに!



[著者]

田村裕一郎 編著 

古田夕子 

植村遥奈 

柴田政樹 

山本幸宏 

井上紗和子 

染谷裕大 共著



[目次]

第1章 「副業・兼業」の現状と課題

第2章 働き方改革における「副業・兼業」の位置づけ

第3章 「副業・兼業」における労務リスクの予防・対応策

第4章 「副業・兼業」に関する就業規則案等