お問い合わせ

  • 〒101-0032
  • 東京都千代田区岩本町1-2-19
  • 株式会社日本法令 SJS会員係
  • 会員直通:03(6858)6965
  • FAX番号:03(6858)6968
お電話での受付時間
平日 9:00~17:30

お問い合わせはこちら

ビジネスガイド WEB版

画像

SJS会員には月刊ビジネスガイドを1年分お届けします。

SR WEB版

社労士業界 HRテクノロジー元年画像

社労士業界 HRテクノロジー元年

プレミアム会員は SR WEB 版をサイト内で閲覧できます。

SSL グローバルサインのサイトシール

このシステムは、SSL(Secure Socket Layer) 技術を使用しています。ご入力いただいたお客様情報はSSL暗号化通信により保護されております。SSL詳細は上のセキュアシールをクリックして確認することができます。

日本法令セミナー 【東京8/4】元労働基準監督署長が教える「建設業界の監督署対応」実務セミナー

【東京8/4】元労働基準監督署長が教える「建設業界の監督署対応」実務セミナー

カテゴリー:業種別
【東京8/4】元労働基準監督署長が教える「建設業界の監督署対応」実務セミナー
  • 森井 博子 氏(特定社会保険労務士
  • 平成30年8月4日(土)13:00~16:30
  • 東京
    • 一般価格:17,000円(税込)
    • 【SJS会員様】 割引価格はログインしてご確認ください
    • 【SJS以外のサービスの会員様】 「各種受講料」をご覧ください
開催終了

セミナーの詳細

好評のため、追加開催決定(9/1)!!

監督指導に新たな視点が加わった! 社労士業務拡大のチャンスも!


 新国立競技場の建設工事に従事していた現場監督が過労自殺し労災認定された事案はマスコミにも大きく取り上げられ、社会的関心を呼びました。こうした事象も背景に、これまで現場での安全面からの指導が中心だった、労働基準監督署の建設業に対する監督指導が今、大きく変容しています。長時間・過重労働対策の観点から、監督官が会社に来て、労働時間、36協定や健康管理、ストレスチェックの実施状況等について詳しく調査するようになり、こうした監督指導を受けることが初めての大多数の建設企業からは、対応について戸惑いの声も聞かれます。この流れは今後も続き、特に東京五輪に間に合わせるための現場作業の長時間化、職人不足による今いる者への著しいしわ寄せを問題視して、労働時間などがギリギリと調査されることが想定されています。
 このような状況を踏まえ、本セミナーでは、元労働基準監督署長であり、建設業界向けに過重労働防止対策関連の講演なども行っている森井博子氏をお招きし、『これまでと視点が異なる調査対象事項』をメインターゲットに、建設業界の監督署対応について解説いただきます。






※セミナーの性質上
少人数開催また音声録音は厳禁とさせていただきます(終了後の音声CD-ROMの販売も行いません)。
お早めのお申込みをお勧めいたします。
※音声受講はございません。


※ご不明な点がございましたら下記までお問合せください。
 〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-2-19
 株式会社日本法令 出版部セミナー担当
 TEL:03-6858-6965(平日9:00~17:30)
 Eメール:seminar@horei.co.jp

講師のご紹介

○森井 博子(もりい ひろこ)

1977年労働省入省。愛知神奈川山梨東京労働局等の局署に勤務。池袋青梅労働基準監督署長のほか東京労働局監督課主任監察官安全課主任安全専門官企画室長労働保険徴収部長などを歴任。現在特定社会保険労務士森井労働法務事務所所長。『労働基準関係法事件ファイル』(共著・日本法令)『労基署がやってきた!』(宝島社)『The検証!! 労働災害事件ファイル』(共著・労働調査会)の著作がありまた専門誌に連載多数。

日程 ・ 開催時間

平成30年8月4日(土)13:00~16:30

カリキュラム(予定)

“今様”の建設業への監督指導対応がわかる!
 今後、長時間・過重労働に関する問題業種として監督対象となることが想定される建設業界。労働災害が多いことから「安全」を中心として行政指導が行われ、企業の取組みもそこに比重が置かれていた状況とは一変し、今後は「労務管理」を重点とした対応がなされる必要があります。これまでのやり方では通用しない監督指導対応について、建設業界ならではの留意点・ポイント等も明らかにしながら明快に解説します。

社労士業務拡大のためのヒントも多数提示!
 安衛分野に苦手意識を持つ方が多いために、建設業界に関与してきた社労士は少ないのが現状です。しかし、「労務管理」が監督指導の主対象となることで社労士も建設業界に関与しやすくなり、また建設業界の中からも「『働き方改革』にも取り組まざるを得ないので時間管理のやり方など指導してほしい」との声が上がるなど、そのニーズも高まっています。元労働基準監督署長の立場から、このビジネスチャンスの活かし方についてもお伝えします。

会場

株式会社日本法令 本社ビル(東京都千代田区岩本町1-2-19)
…JR神田駅南口より、昭和通りに向かって徒歩7分
  JR新日本橋駅8番出口より昭和通りに出て、岩本町の方向に徒歩5分
  東京メトロ銀座線神田駅からJR神田駅東口を抜け、昭和通りに向かい徒歩7分
  東京メトロ日比谷線小伝馬町駅4番出口より徒歩6分
  都営地下鉄新宿線岩本町駅A5番出口より、昭和通りに出て日本橋方向に徒歩7分
  http://www.horei.co.jp/company/map.html

※会場にエレベータはございません。

各種受講料

①  一般 ・・・ 17,000円

②『ビジネスガイド』『SR』『社労士Ⅴ』定期購読会員 ・・・  14,000円