日本法令HOME > 月刊ビジネスガイド > バックナンバー > 2014年12月号

BG

ビジネスガイド

2014年12月号 NO.797

B5判116頁

定価 (本体1,000円+税)
ビジネスガイド定期購読の
ご案内はこちら

 今すぐ取り組むべき「三六協定」をめぐる法的リスクと不備是正のポイント
~近時見られるトラブルを予防するための実務対応策~

弁護士 野口 大(野口&パートナーズ法律事務所)

弁護士 大浦 綾子(野口&パートナーズ法律事務所)

● 特別な休暇制度

 「従業員の多能工化」との合わせ技で生産性もアップ!
多様な従業員の事情に配慮した「特別な休暇制度」の導入&活用方法

特定社会保険労務士 假屋 美香

● 定例実務・年末調整

 10月20日からの通勤手当非課税範囲拡大で事務量が大幅UP!?
平成26年版 年末調整の手続実務

税理士・社会保険労務士 安田 大

● 出産・育児と社会保険

 正確かつスムーズに手続処理を行うには?
出産・育児に係る社会保険手続のスケジュール管理

社会保険労務士 新田 香織

● 合同労組対応

 定義・組織・活動の問題点はどこにあるのか?
「合同労組・ユニオン」に対する考察・疑念と対応する場合の心構え〈中〉

弁護士 河本 毅(番町総合法律事務所)

● 連 載

 元監督官が解決!
 労働基準監督署による指導等への対応に困ったときの上手な対処法
  第3回『「労働条件に関する自主点検結果報告書を提出しなさい」と言われたら?』

社会保険労務士 武田 徹

 何を準備する? 指導を受けた場合の対応は?
 会社が受ける各種行政調査の特徴と対応上のポイント
  第2回『労働基準監督署による調査』

特定社会保険労務士・行政書士 時枝 慎一郎

 経験者に学ぶ
 これからの障害者雇用&就労支援ナビ
  第7回『障害者も利用できるホームページ制作ソフトの開発を通じた雇用支援〈上〉』

ダンウェイ株式会社代表取締役 高橋 陽子

 判例・裁判例に学ぶ労働時間の法的ルール
  第8回『事業場外労働のみなし労働時間制』

弁護士・熊本大学名誉教授 石橋 洋

 重要用語から労働問題を考える
 キーワードからみた労働法
  第89回『フレックスタイム制』

神戸大学教授 大内 伸哉

● 相談室

 労働契約
  就業規則変更と過半数代表者の意見

弁護士 丸尾 紫乃

 労働基準法
  年休取得と不利益取扱い

弁護士 岩本 充史(安西法律事務所)

 非正規社員
  パートタイム労働法改正を踏まえた雇入れ時の対応の準備

弁護士 冨田 啓輔(第一芙蓉法律事務所)

 就業規則
  解雇と就業規則

弁護士 加藤 彩(石嵜・山中総合法律事務所)

 労災保険
  派遣労働者における第三者行為災害

特定社会保険労務士 高橋 健

 雇用保険
  育児休業中に就業した場合の取扱いの変更について

特定社会保険労務士 今泉 浩史(社会保険労務士「高志会」グループ)

 医療保険
  任意継続被保険者の保険料納付遅延について

特定社会保険労務士 黒田 善久

 公的年金
  老齢厚生年金にかかる税と諸手続

株式会社服部年金企画 講師 社会保険労務士 河野 一郎

 助成金・奨励金
  キャリア形成促進助成金〈中長期的キャリア形成コース〉

社会保険労務士 井上 敦史

 労務と税務
  自社商品・不動産の値引販売

税理士法人 山田&パートナーズ 中井 哲也

日本法令