日本法令HOME > 月刊ビジネスガイド > バックナンバー > 2015年1月号

BG

ビジネスガイド

2015年1月号 NO.798

B5判116頁

定価 (本体1,000円+税)
ビジネスガイド定期購読の
ご案内はこちら

● 裁量労働制

 1.通達・裁判例等を踏まえた
「裁量労働制」適用時に求められる労働時間管理・健康管理と未払い賃金リスク

弁護士 中井 智子(中町誠法律事務所)

 2.労働基準監督署が教える
「専門業務型裁量労働制」適正運用のためのチェックポイント

品川労働基準監督署

● 多様な正社員

 きめ細かな規定で対応!
多様な正社員の整理解雇・能力不足解雇に関する誤解&関連規定の作成例

特定社会保険労務士 岩﨑 仁弥

● 休職者の職場復帰

 今後の傷病手当金の審査にどう影響する?
休職者の職場復帰に関する産業医の意見書の取扱い

特定社会保険労務士 黒田 善久

● 定例実務・法定調書

 平成26年分 主要法定調書 作成・提出の実務

税理士・社会保険労務士 安田 大

● 合同労組対応

 定義・組織・活動の問題点はどこにあるのか?
「合同労組・ユニオン」に対する考察・疑念と対応する場合の心構え〈下〉

弁護士 河本 毅(番町総合法律事務所)

● 連 載

 元監督官が解決!
 労働基準監督署による指導等への対応に困ったときの上手な対処法
  第4回『月の途中で転勤した従業員に適用する三六協定の内容は?』

社会保険労務士 武田 徹

 <新連載>チェックリストを活用した
 懲戒処分の実施手順と実務上のポイント
  第1回『懲戒処分の総論』

弁護士 高仲 幸雄(中山・男澤法律事務所)

 経験者に学ぶ
 これからの障害者雇用&就労支援ナビ
  第8回『企業からよく受ける障害者雇用の悩みに関する相談事例と対応策』

ダンウェイ株式会社代表取締役・特定社会保険労務士 高橋 陽子

 判例・裁判例に学ぶ労働時間の法的ルール
  第9回(最終回)『付加金、賃確法上の遅延損害金』

弁護士・熊本大学名誉教授 石橋 洋

 重要用語から労働問題を考える
 キーワードからみた労働法
  第90回『時季指定権』

神戸大学教授 大内 伸哉

● 相談室

 労働契約
  「労働契約申込みみなし」の意味

弁護士 丸尾 紫乃

 労働基準法
  従業員が裁判員に選任された場合の取扱いの定め方

弁護士 岩本 充史(安西法律事務所)

 非正規社員
  パートタイム労働者の残業と改正パートタイム労働法

弁護士 池田 知朗(第一芙蓉法律事務所)

 就業規則
  在宅勤務に関する規定

弁護士 小森 光嘉(石嵜・山中総合法律事務所)

 メンタルヘルス
  ストレスチェック制度の創設

精神科産業医 梅田 忠敬(吉野聡産業医事務所)

 労災保険
  「アフターケア制度」について

特定社会保険労務士 高橋 健

 雇用保険
  教育訓練給付金の拡充

特定社会保険労務士 山田 芳子

 医療保険
  高額療養費制度とその改正について

特定社会保険労務士 今泉 浩史(社会保険労務士「高志会」グループ)

 公的年金
  退職後のライフプランと任意加入のメリット

株式会社服部年金企画 代表取締役 社会保険労務士 伊東 勝己

 労務と税務
  通勤手当の取扱いの改正

税理士法人 山田&パートナーズ 中村 誠一

日本法令