日本法令HOME > 月刊ビジネスガイド > バックナンバー > 2017年3月号

BG

ビジネスガイド

2017年3月号 NO.835

B5判116頁

定価 (本体1,000円+税)
ビジネスガイド定期購読の
ご案内はこちら

● 特集

 私はこう見る!
『同一労働同一賃金ガイドライン案』
~そのインパクトと働き方改革の方向性~
◎"(日本型)同一労働同一賃金"は正しい政策か?

神戸大学大学院法学研究科 教授 大内 伸哉

  ◎策定過程および実質的適用場面に対する疑問

石嵜・山中総合法律事務所 代表弁護士 石嵜 信憲
弁護士 佐々木 晴彦

  ◎法策定プロセス阻害への警戒と基本的スタンスの欠如

日本労働弁護団 事務局長・弁護士 嶋﨑 量

  ◎「同一労働同一賃金」への経済学的な視点

昭和女子大学 グローバルビジネス学部 特命教授 八代 尚宏

● 個人情報保護法GL

 小規模事業者も5月30日から適用対象に!
個人情報保護法ガイドライン 会社の現状チェックと対策

弁護士 鈴木 雅人(弁護士法人 三宅法律事務所)

●年金改正

 新しい年金請求書をチェック!
 「年金受給資格期間の10年への短縮」のポイント

特定社会保険労務士 東海林 正昭

●税制改正大綱

 総務・人事担当者が知っておきたい
平成29年度 税制改正のポイント

税理士 芹澤 光春

●自転車通勤

 許可制・保険加入・安全講習がポイント!
自転車通勤を認める際の留意点&シンプルな規程例

弁護士 高倉 光俊(南埼玉法律事務所)

● 連 載

 新・労務管理上のグレーゾーン
 第3回 派遣・偽装請負

弁護士 野口 大(野口&パートナーズ法律事務所)

 企業のためのLGBT対応
〔第7回〕 LGBTと職場に関する相談事例

LGBT政策情報センター 代表理事 尾辻 かな子

 元監督官が解決!
労働基準監督署による指導等への対応に困ったときの上手な対処法 ~司法処分編~
第30回 熱中症による送検事案Ⅱ

社会保険労務士 武田 徹

 重要用語から労働問題を考える
 キーワードからみた労働法
  第116回『インディペンデント・コントラクター』 

神戸大学教授 大内 伸哉

● 相談室

 労働契約
  時間外限度基準を超えた三六協定と時間外労働命令

弁護士 丸尾 紫乃

 労働基準法
  退職前の年休の一括取得

弁護士 岩本 充史(安西法律事務所)

 非正規社員
  派遣先による派遣労働者の特定

弁護士 小宮 純季(第一芙蓉法律事務所)

 就業規則
  変更手続に不備のある就業規則の効力

弁護士 冨田 啓輔(石嵜・山中総合法律事務所)

 個人情報&マイナンバー
  個人データの第三者提供と確認・記録義務(その1)

弁護士 鈴木 雅人(弁護士法人 三宅法律事務所)

 メンタルヘルス
  おとなの発達障害 ―自閉症スペクトラム障害への対応

精神科産業医 梅田 忠敬(吉野聡産業医事務所)

 労災保険/雇用保険
  労災保険 労災事故による療養・休業が長期に及んでいる場合の労災保険給付

特定社会保険労務士 高橋 健

 医療保険
  傷病手当金(給与一部支給あり)の申請①

特定社会保険労務士 吉田 恵美子

 年金相談
  老齢厚生年金の繰上げ受給をした方が亡くなった場合の遺族厚生年金の支給額

特定社会保険労務士 和田 満

 労務デューデリジェンス
  簿外債務(最低賃金との比較)

特定社会保険労務士 野中 健次

 助成金
  職場定着支援助成金(個別企業助成コース・雇用管理制度助成)

社会保険労務士 新津 充久

 労務と税務
  社員旅行の費用の取扱い

税理士法人 山田&パートナーズ 高橋 美丘

日本法令