お問い合わせ

  • 〒101-0032
  • 東京都千代田区岩本町1-2-19
  • 株式会社日本法令 SJS会員係
  • 会員直通:03(6858)6965
  • FAX番号:03(6858)6968
お電話での受付時間
平日 9:00~17:30

お問い合わせはこちら

ビジネスガイド WEB版

タイプ別 限定正社員の制度設計画像

タイプ別 限定正社員の制度設計

SJS会員には月刊ビジネスガイドを1年分お届けします。

SR WEB版

2020年,社労士業務大転換!画像

2020年,社労士業務大転換!

プレミアム会員は SR WEB 版をサイト内で閲覧できます。

SSL グローバルサインのサイトシール

このシステムは、SSL(Secure Socket Layer) 技術を使用しています。ご入力いただいたお客様情報はSSL暗号化通信により保護されております。SSL詳細は上のセキュアシールをクリックして確認することができます。

日本法令セミナー 【東京9/11】いつまでに・何を・どこまで行えばよいのか? 『ストレスチェック制度』の法的留意点と社内実務

【東京9/11】いつまでに・何を・どこまで行えばよいのか? 『ストレスチェック制度』の法的留意点と社内実務

カテゴリー:その他
【東京9/11】いつまでに・何を・どこまで行えばよいのか? 『ストレスチェック制度』の法的留意点と社内実務
  • 弁護士 増田陳彦 氏(中山・男澤法律事務所
  • 特定社会保険労務士・産業カウンセラー 松下 操 氏(まつした社労士事務所
  • 平成27年9月11日(金)10:00~16:30
  • 東京
    • 一般価格:20,000円(税込)
    • 【SJS会員様】 割引価格はログインしてご確認ください
    • 【SJS以外のサービスの会員様】 「各種受講料」をご覧ください
開催終了

セミナーの詳細

今年12月からの義務化に備える!

 改正労働安全衛生法で労働者50人以上の事業所に義務化(50人未満の事業所は当分の間努力義務)された「ストレスチェック制度」については,改正法公布後に厚生労働省から関連省令・指針・通達等が次々に発出されました。そして今年5月には『ストレスチェック制度実施マニュアル』が公表されましたが,膨大な量(170ページ超)のマニュアル通りに制度を実施することは現実的ではありません(自社の状況に合わせたアレンジが必要)。

 また,施行直前には受検や結果出力等を行うことが可能な『ストレスチェック制度実施プログラム』が公開予定となっており,実務担当者にとってはその内容も気になるところです。
 本セミナーでは,実務担当者にとって最も気になる“いつまでに・何を・どこまで行えばよいのか”といった視点に立ち,「法的留意点を踏まえた実務対応策」および「漏れのない社内実務のすすめ方」について専門家の立場から解説を行い,今年12月からの義務化に備えることを目的とします。


*本セミナーでは音声の収録を行いません。

  また、セミナー音声CD-ROMの販売はありません。

※ご不明な点がございましたら下記までお問合せください。
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-2-19
株式会社日本法令 出版課セミナー担当
TEL : 03-6858-6965 (平日9:00~17:30)
Eメール : seminar@horei.co.jp

講師のご紹介

【第1部】 弁護士 増田陳彦 氏(中山・男澤法律事務所)

弁護士(第一東京弁護士会所属)。平成11年3月中央大学法学部法律学科卒業。平成14年10月弁護士登録,柳田野村法律事務所(現 柳田国際法律事務所)入所。平成15年10月中山慈夫法律事務所(現 中山・男澤法律事務所)入所。平成23年10月パートナー就任。著書として『人事労務相談に必要な民法の基礎知識』(労働調査会),『フロー&チェック 労務コンプライアンスの手引』(共著・新日本法規)などがある。最近のビジネスガイド執筆記事に「『ストレスチェック』実施による企業実務への影響と対応」(平成26年10月号),「『ストレスチェック制度』義務化に伴う現場の対応実務」(平成27年7月号)がある。


【第2部】 特定社会保険労務士・産業カウンセラー 松下 操 氏(まつした社労士事務所)
特定社会保険労務士,産業カウンセラー,年金アドバイザー。特定社会保険労務士と産業カウンセラーの資格を活かし,企業の「人」に関する人事労務・年金相談業務を行う一方,(独)労働者健康福祉機構愛知産業保健総合支援センターのメンタルヘルス対策促進員として,愛知県内の民間事業所に対し「心の健康づくり計画、ラインケア研修・セルフケア研修、職場復帰支援」など,事業所の規模・実態に見合った具体的かつわかりやすいアドバイザーとして,年間数十社に及ぶ支援に関わっている。メンタルヘルス研修については,製造業,サービス業,医療・介護事業など多くの業界で実績がある。

日程 ・ 開催時間

平成27年9月11日(金)10:00~16:30

カリキュラム(予定)

【第1部】 ストレスチェック制度の法的留意点 (10:00~12:30)

(1)義務化の内容と省令・指針・通達のポイント
(2)施行後に想定される企業・実施者等にとっての法的留意点
(3)企業は何をどこまで行わなければならないのか?
 ・“法的義務”と“努力義務”の違いを押さえる!
 ・厚生労働省が作成した「実施マニュアル」の位置付け
 ・施行前にどのような準備をしておくべきか


【第2部】 ストレスチェック実施のための社内実務 (13:30~16:30)
(1)施行前後に必要となる社内業務の洗い出し
(2)スケジュールの設定と「社内業務フロー」の作成
(3)「社内業務フロー」に沿った業務のすすめ方
…方針表明,調査審議(衛生委員会),労働者に対する情報提供,ストレスチェック実施,結果通知,集団分析,面接指導,就業上の事後措置,情報管理など
(4)その他(外部機関の活用,関連助成金の活用等)

会場

人事労務会館(東京都品川区大崎2-4-3)

…JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線 大崎駅(北改札口/西口)より徒歩6分


http://www.nihon-jinji.co.jp/kaikan/access.html

各種受講料

①  一般 ・・・ 20,000円


②『ビジネスガイド』『SR』『社労士Ⅴ』定期購読会員 ・・・  17,000円