お問い合わせ

  • 〒101-0032
  • 東京都千代田区岩本町1-2-19
  • 株式会社日本法令 SJS会員係
  • 会員直通:03(6858)6965
  • FAX番号:03(6858)6968
お電話での受付時間
平日 9:00~17:30

お問い合わせはこちら

ビジネスガイド WEB版

"働き方改革"

SJS会員には月刊ビジネスガイドを1年分お届けします。

SR WEB版

なぜ,あの事務所には仕事が殺到しているのか?画像

なぜ,あの事務所には仕事が殺到しているのか?

プレミアム会員は SR WEB 版をサイト内で閲覧できます。

SSL グローバルサインのサイトシール

このシステムは、SSL(Secure Socket Layer) 技術を使用しています。ご入力いただいたお客様情報はSSL暗号化通信により保護されております。SSL詳細は上のセキュアシールをクリックして確認することができます。

日本法令セミナー 【東京9/15】〔最新〕社会保険労務士のための「メンタルヘルス問題対応」実践マスター講座

【東京9/15】〔最新〕社会保険労務士のための「メンタルヘルス問題対応」実践マスター講座

カテゴリー:人事・労務 / 労使トラブル / メンタルヘルス / 法改正
【東京9/15】〔最新〕社会保険労務士のための「メンタルヘルス問題対応」実践マスター講座
  • 亀田 高志 氏(株式会社健康企業 代表取締役・医師
  • 平成29年9月15日(金)10:30~16:45
  • 東京
    • 一般価格:21,000円(税込)
    • 【SJS会員様】 割引価格はログインしてご確認ください
    • 【SJS以外のサービスの会員様】 「各種受講料」をご覧ください
申込み受付中

セミナーの詳細

『健康経営』『働き方改革』『人手不足』等で対策の重要性が高まっている!
 近年、従業員の健康管理・健康づくりを経営上の重要事項と捉え、有効な対策を実行していく『健康経営』の考え方が中堅・中小企業にも浸透しつつあり、その柱の1つである“メンタルヘルス対策”の重要性が以前にも増して高まっています。また、今年3月に策定された『働き方改革実行計画』では、長時間労働是正の対策の1つとして“メンタルヘルス防止対策の取組強化”が挙げられていることにも改めて注目が集まっています。さらに、多くの企業が『人材不足・人手不足』に頭を悩ましている昨今、メンタルヘルスの問題を抱える従業員を簡単に退職させてしまうのではなく、適切な治療を受けて職場復帰してもらうために社内制度の整備を検討する企業が徐々に増えている状況です。
 このように、「メンタルヘルス問題対応」をめぐる状況は『ストレスチェック制度』が義務化されたこととも相まって数年前とは様変わりしており、それに伴い企業の労務管理について指導すべき立場にある社会保険労務士に求められる役割、果たすべき役割も変化してきています。
 本セミナーでは、上記で挙げた「健康経営」「働き方改革」「人手不足」のほか、『治療と仕事の両立支援』や来年4月に施行が迫る『改正障害者雇用促進法』やといった旬なテーマとメンタルヘルス問題にはどのような関連性と課題があるのか、その中でどのような役割が社労士に求められているのか、ひいては社労士はどのような知識を身に付け、企業の担当者やその権能が強化されつつある産業医と連携してどのような対応を行えばよいのか(行ってはいけないのか)等について、産業医経験も豊富で、社労士もよくご存知の亀田高志先生に解説していただきます。


※ご不明な点がございましたら下記までお問合せください。
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-2-19
株式会社日本法令 出版部セミナー担当
TEL : 03-6858-6965 (平日9:00~17:30)
Eメール : seminar@horei.co.jp

講師のご紹介

亀田 高志(かめだ たかし

株式会社健康企業 代表取締役・医師。1991年産業医科大学医学部卒。専属産業医としての11年間の実務経験と産業医科大学講師を経て、2006年に産業医科大学が設立したベンチャー企業の創業社長に就任。9期連続黒字を達成後、2016年に任期満了退任し、現職専従に。メンタルヘルス対策等の実務と事業化を専門とし、コンサルティング、講演・研修講師と執筆に注力している。手掛けた講演・研修は計1000回以上で参加者数は延べ3万人を超える。2012年以降、東京都、大阪府、福岡県、熊本県、大分県等の社会保険労務士会でのメンタルヘルス対応実務の講演・研修を行う。地元福岡では社会保険労務士向けのメンタルヘルス対策等の自主勉強会「健康企業推進研究会」を主宰。著書に『社労士がすぐに使える!メンタルヘルス実務対応の知識とスキル』(日本法令)、『管理職のためのメンタルヘルス・マネジメント』(労務行政)、『人事担当者のためのメンタルヘルス復職支援』(労政時報選書)、『できるリーダーは部下のうつに立ち向かう』(日経BP社)などがある。

日程 ・ 開催時間

平成29年9月15日(金)10:30~16:45

カリキュラム(予定)

1.企業のメンタルヘルス問題対応をめぐる最新動向
 ①“健康経営”“働き方改革”“人手不足”“治療と仕事の両立支援”とメンタルヘルス問題の関連性
 ② 来年4月施行の改正障害者雇用促進法(精神障害者の算定基礎への追加、法定雇用率アップ)の課題と対応
2.企業および産業医が社労士に求められている役割とは?

 …やるべき事項、やってはいけない事項) 

3.社労士がマスターすべき「知識」
 …メンタルヘルス問題に対応する社会保険労務士が押さえておくべき知識についての解説
4.社労士のマスターすべき「実務」
 …企業の担当者や産業医と連携して、「業務フロー」や「ツール」等を用いて実践すべきメンタルヘルス対応法についての解説
5.質疑応答

会場

エッサム神田ホール 1号館(東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2)
   …JR京浜東北線・山手線・中央線
神田駅(東口)より徒歩2分
     東京メトロ銀座線 神田駅(3番出口)より徒歩1分
http://www.essam.co.jp/hall/access/index.html

各種受講料

① 一般 … 21,000円
②『ビジネスガイド』『SR』『社労士Ⅴ』定期購読会員 … 18,000円

テキスト

テキスト 【A】オリジナルレジュメ・資料