お問い合わせ

  • 〒101-0032
  • 東京都千代田区岩本町1-2-19
  • 株式会社日本法令 SJS会員係
  • 会員直通:03(6858)6965
  • FAX番号:03(6858)6968
お電話での受付時間
平日 9:00~17:30

お問い合わせはこちら

ビジネスガイド WEB版

限定正社員画像

限定正社員

SJS会員には月刊ビジネスガイドを1年分お届けします。

SR WEB版

なぜ,あの事務所には仕事が殺到しているのか?画像

なぜ,あの事務所には仕事が殺到しているのか?

プレミアム会員は SR WEB 版をサイト内で閲覧できます。

SSL グローバルサインのサイトシール

このシステムは、SSL(Secure Socket Layer) 技術を使用しています。ご入力いただいたお客様情報はSSL暗号化通信により保護されております。SSL詳細は上のセキュアシールをクリックして確認することができます。

日本法令セミナー 【東京12/2】近時の「問題社員」の現状と人手不足時代の現実的対応策

【東京12/2】近時の「問題社員」の現状と人手不足時代の現実的対応策

カテゴリー:その他
【東京12/2】近時の「問題社員」の現状と人手不足時代の現実的対応策
  • 岸田 鑑彦 氏(弁護士
  • 平成29年12月2日(土)10:00~16:00
  • 東京
    • 一般価格:19,000円(税込)
    • 【SJS会員様】 割引価格はログインしてご確認ください
    • 【SJS以外のサービスの会員様】 「各種受講料」をご覧ください
申込み受付中

セミナーの詳細

今までと同じやり方では通用しない!

 近時、人手不足を背景にして、いわゆる「問題社員」に関する相談内容が変化しています。
 本来は採用しないような人物であっても、求人広告に対して人が集まらない以上、使用者も、ある程度のことは覚悟して採用に踏み切ることがあります。そして、実際に雇ってみたら勤務態度が非常に悪く、周りの従業員や取引先とトラブルを起こすというようなことが起こり得ます。
 このような従業員に対しては、従来であれば、会社も厳しく注意指導していました。しかし、人手不足の状況下においては、このような従業員であっても重要な戦力です。「あまり厳しい注意指導をすると辞めてしまうのではないか?」と心配して、どうしても注意指導が甘くなります。そうすると、周りの従業員への負荷が高まり、今度は優秀な従業員が辞めていくという悪循環に陥ります。
 人手不足が理由で、会社が問題社員に対して、抜本的な対策が打てないため、以前にも増して社内での細かい労務トラブルが増えていることを実感します。                   
 「労働力を確保しつつ、企業秩序を維持する」 ― そのために会社は、問題社員との向き合い方を今一度考えなければなりません。
 そこで、本セミナーでは、講師のこれまでの実務経験を踏まえ、近時の問題社員の傾向と対応策について、具体的事例を示しながら解説いたします。

 本セミナーでは、録音を一切禁止とさせていただきます。ぜひライブセミナーにお越しください!

※ご不明な点がございましたら下記までお問合せください。
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-2-19
株式会社日本法令 出版部セミナー担当
TEL : 03-6858-6965 (平日9:00~17:30)

講師のご紹介

岸田 鑑彦(きしだ あきひこ)
杜若経営法律事務所(旧 狩野・岡・向井法律事務所)パートナー弁護士
慶應義塾大学法学部法律学科卒業。明治大学法科大学院修了。平成21年弁護士登録(第一東京弁護士会)。経営法曹会議会員。
訴訟、労働審判、労働委員会等あらゆる労働事件の使用者側の代理を務めるとともに、労働組合対応として数多くの団体交渉に立ち会う。
企業法務担当者向け、社会保険労務士向けの研修、セミナー講師を多数務めるほか、「ビジネスガイド」(日本法令)、「先見労務管理」(労働調査会)、「安全と健康」(中央労働災害防止協会)、「月刊経理ウーマン」(研修出版)、労働新聞社など数多くの労働関連紙誌に寄稿。著書に「労務トラブル初動対応と解決のテクニック」(日本法令)がある。

日程 ・ 開催時間

平成29年12月2日(土)10:00~16:00

カリキュラム(予定)

1 近時の問題社員の傾向
 (1)人手不足と労務トラブルの関連性
 (2)現代型問題社員から派生する新たな労務問題
 (3)権利主張の仕方の変化

2 問題社員と向き合うための留意点
 (1)問題社員対応の心構え
 (2)注意・指導の目的の明確化
 (3)注意指導する自身の会社の状況の把握
 (4)従業員の個性や状況の把握
 (5)本当に懲戒処分すべき場面か否かの見極め
 (6)些細な懲戒処分の落とし穴

3 具体的な対応事例
 (1)求人票の記載内容と実際の労働条件が違うと言ってきた社員への対応
 (2)問題社員と取引先とのトラブル発生…会社が対応すべきこととは?
 (3)従業員同士のケンカ…会社はどこまで関与すべきか?
 (4)職場内での窃盗疑惑…会社はどのように対応すべきか?
 (5)職場内での盗撮疑惑…会社はどのように対応すべきか?
 (6)職場内での横領疑惑…どのように証拠を集めていくか?
 (7)社員からハラスメント申告あり…会社はどのようにアプローチすべきか?
 (8)社員から同一労働同一賃金の主張…会社はどう説明すべきか?
 (9)問題社員の副業が発覚…会社はどのように対応すべきか?
  
その他、近時の対応事案を取り上げる予定です。

会場

LMJ東京研修センター(東京都文京区本郷1-11-14 小倉ビル)
 … JR総武線 水道橋駅東口より徒歩6分
    都営地下鉄三田線 水道橋駅A6出口より徒歩3分
    東京メトロ丸の内線・南北線 後楽園駅出口3より徒歩7分
    東京メトロ丸の内線 本郷三丁目駅出口2より徒歩7分
    都営地下鉄大江戸線 本郷三丁目駅出口3より徒歩7分

 http://www.lmj-japan.co.jp/kaigishitu/02-1/

各種受講料

① 一般 … 19,000円
②『ビジネスガイド』『SR』『社労士Ⅴ』定期購読会員 … 16,000円