お問い合わせ

  • 〒101-0032
  • 東京都千代田区岩本町1-2-19
  • 株式会社日本法令 SJS会員係
  • 会員直通:03(6858)6965
  • FAX番号:03(6858)6968
お電話での受付時間
平日 9:00~17:30

お問い合わせはこちら

ビジネスガイド WEB版

乗り切れ! 労働大転換期画像

乗り切れ! 労働大転換期

SJS会員には月刊ビジネスガイドを1年分お届けします。

SR WEB版

働き方改革関連法案画像

働き方改革関連法案

プレミアム会員は SR WEB 版をサイト内で閲覧できます。

SSL グローバルサインのサイトシール

このシステムは、SSL(Secure Socket Layer) 技術を使用しています。ご入力いただいたお客様情報はSSL暗号化通信により保護されております。SSL詳細は上のセキュアシールをクリックして確認することができます。

日本法令セミナー 【東京3/6】緊急開催! 有期労働契約の「雇止め/無期転換」をめぐるトラブル対応実務セミナー

【東京3/6】緊急開催! 有期労働契約の「雇止め/無期転換」をめぐるトラブル対応実務セミナー

カテゴリー:その他
【東京3/6】緊急開催! 有期労働契約の「雇止め/無期転換」をめぐるトラブル対応実務セミナー
  • 向井 蘭 氏(弁護士
  • 平成30年3月6日(火)13:30~16:30
  • 東京
    • 一般価格:16,000円(税込)
    • 【SJS会員様】 割引価格はログインしてご確認ください
    • 【SJS以外のサービスの会員様】 「各種受講料」をご覧ください
開催終了

セミナーの詳細

緊急開催!

 2018年4月からの無期転換申込権発生に向けて、企業は様々な対応をしてきましたが、雇止めや無期転換申込権の行使、無期転換後の労働条件等をめぐり労働者との間でトラブルが発生する可能性があります。
 厚生労働省の調査結果にもある通り、雇止めや就業規則の変更の有効性については、最終的には司法において判断される(2017年12月27日公表「いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査」)ため、トラブルが発生すると、雇止めや就業規則の変更の有効性が否定される可能性があります。
 人手不足に悩む中小企業においてトラブルの発生により人材確保に影響を及ぼすことは、事業継続の危機にもつながりかねないことから、トラブルの回避策と万が一発生した場合の早期解決策を確認、検討しておく必要があります。

 本セミナーでは、有期労働契約の雇止めや無期転換に伴い、発生し得るトラブルをシミュレーションするとともに、回避、解決のために取るべき対策について、使用者側弁護士として多くの労働事件に関与している向井蘭弁護士に、解説していただきます。

 「いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査」調査結果はこちら
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000189946.html

本セミナーでは、録音を一切禁止とさせていただきます
(終了後の音声CD-ROMの販売も行いません)
ぜひライブセミナーにお越しください!



※ご不明な点がございましたら下記までお問合せください。
 〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-2-19
 株式会社日本法令 出版部セミナー担当
 TEL:03-6858-6965(平日9:00~17:30)
 Eメール:seminar@horei.co.jp

講師のご紹介

向井 蘭 (むかい らん)
杜若経営法律事務所 弁護士
1997年東北大学法学部卒業、2003年 弁護士登録(第一東京弁護士会所属)。同年、狩野祐光法律事務所(現杜若経営法律事務所)に入所。
経営法曹会議会員。労働法務を専門とし使用者側の労働事件を主に取り扱う事務所に所属。これまで、過労死訴訟、解雇訴訟、石綿じん肺訴訟。賃金削減(就業規則不利益変更無効)事件、男女差別訴訟、団体交渉拒否・不誠実団体交渉救済申立事件、昇格差別事件(組合間差別)など、主に労働組合対応が必要とされる労働事件に関与。
 <主著>『時間外労働と、残業代請求をめぐる諸問題』(経営書院 共著)。『労働法のしくみと仕事がわかる本』(日本実業出版社)『社長は労働法をこう使え!』(ダイヤモンド社)。『会社は合同労組・ユニオンとこう闘え!』(日本法令)『メンタルヘルス不調者 復職支援マニュアル』(レクシスネクシス・ジャパン)。『書式と就業規則はこう使え!』(労働調査会)。近年、企業法務担当者向けの労働問題に関するセミナー講師を務める他、労働関連誌への執筆も多数。

日程 ・ 開催時間

平成30年3月6日(火)13:30~16:30

カリキュラム(予定)

・無期転換制度の概要

・不更新合意条項をめぐり起こり得るトラブル

 (不更新合意条項を理由とする雇止めの有効性、対策を講じてこなかった企業で起こり得るトラブル)

・無期転換申込権行使をめぐり起こり得るトラブル

 (無期転換申込権の行使の仕方をめぐるトラブル、無期転換後の労働条件をめぐるトラブル)

・不更新合意条項を理由とする雇止めが認められなかった場合の対応

  (無期転換、1回だけの更新、解決金支払い等の選択肢と企業の判断ポイント)

・人手不足時代に雇止め問題が炎上するとどうなるか

 (別の従業員への波及、採用、事業存続への悪影響)

・不更新合意条項をめぐるトラブル回避のための対策

  (最近の裁判例の傾向を踏まえて合意書取付け以外にやっておくこと)

・無期転換社員に対する労働条件説明と契約書締結における留意点

  (職務、賃金、賞与、定年等)

会場

エッサム神田ホール 1号館(東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2)
   …JR京浜東北線・山手線・中央線
神田駅(東口)より徒歩2分
     東京メトロ銀座線 神田駅(3番出口)より徒歩1分
http://www.essam.co.jp/hall/access/index.html

各種受講料

① 一般 …… 16,000円
②『ビジネスガイド』・『SR』・『社労士Ⅴ』定期購読会員 …… 13,000円

テキスト

テキスト ビジネスガイド2018年3月号