SR第55号

【特集1】助成金と働き方改革

働き方改革と助成金業務のつなげ方

多様な働き方の促進×両立支援助成金・心の健康づくり計画助成金の提案

・労働時間削減×時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)の提案

・勤怠管理のIT化×時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)の提案

・働き方改革推進支援センターの運営を通じて行う提案事例

・不正受給対策強化の実際と実務上の留意点

 

【特集2】社労士はどこまで外国人雇用に関われるか

・登録支援機関として外国人雇用に関わる

・外国人を雇用する企業向けの助成金提案

・兼業体験者から見た業務拡大へのつなげ方

・士業グループの強みを生かしたワンストップサービス

・監理団体として取り組む外国人介護人材受入れ社員の満足度を高める組織づくり

・士業グループの強みを生かしたワンストップサービス

 

・緊急誌上アンケート ソフト会社から見た
 HRテクノロジー・デジタル手続法と社労士業務のこれから

・モテる企業にする! 社労士だからできる中小企業向け
 「求職者へのラブレター」書き方指南

・いま注目の業界 ~社労士の役割とアプローチ法
 水産業

・社労士が社外取締役・監査役等になる!

・短期連載 『SR』編集部がセミナー講師陣に聞く!
 独立・開業 成功の法則  第4回(最終回)「成功する社労士への道」

私の開業体験記

会員無料

SR WEB版

  • 2019年9月号

    特集 2019年9月号

    助成金と働き方改革

    社労士はどこまで 外国人雇用に関われるか

  • 2019年6月号

    特集 2019年6月号

    人手不足とビジネスチャンス

    人手不足とビジネスチャンス

  • 2019年3月号

    特集 2019年3月号

    外国人雇用政策大転換

    外国人雇用政策大転換

バックナンバーへ

会員無料

SR お役立ち情報

  • 建設業の人材確保・育成に向けた取組みについて

    建設業の人材確保・育成に向けた取組みについて

    9月2日、国土交通省・厚生労働省が連携して行う建設業の人材確保・育成策について、令和2年度予算概算要求の概要とともに公表されました。建設業に特化した人材確保・人材育成・魅力ある職場づくりの推進の各項目について、次のような項目が挙げられています。

     

    人材確保】
    建設事業主等に対する助成金による支援  62.6億円
    建設産業の働き方改革の推進         2.41億円
    誰もが安心して働き続けられる環境整備   2.08億円
     ・女性活躍の推進
     ・担い手の人材育成と裾野拡大
     ・社会保険加入の徹底・定着
     ・建設キャリアアップの促進・活用


    【人材育成】
    建設事業主等に対する助成金による支援(再掲) 62.6億円
    中小建設事業主等への支援              6.3億円
    建設分野における職業訓練の実施          3.1億円


    【魅力ある職場づくりの推進】
    建設事業主等に対する助成金による支援(再掲) 62.6億円
    建設産業の働き方改革の推進(再掲)        2.41億円
     ・適正な工期設定・施工時期の平準化等による働き方改革の推進
     ・建設技術者の働き方改革の推進
     ・建設業許可等の電子申請化に向けた環境整備
    誰もが安心して働き続けられる環境整備(再掲)  2.08億円

     

    また、上記を財源として行う事業主に対する助成金として、次の拡充・新設に関する情報が掲載されています。

     

    ●人材確保等支援助成金雇用管理制度助成コース(建設分野) 拡充】
    就業規則や労働協約の変更により建設キャリアアップシステムにおけるレベル4相当に該当する者の賃金テーブルを年間2%以上かつ5万円以上(資格手当の増額改定の場合は賃金テーブル引上げ同等額以上)引き上げ、実際に適用した場合に1人当たり年額66,500円を最大3年間助成


    ●働き方改革推進支援助成金(仮称)(時間外労働等改善助成金より改称) 【新設】
    ①36協定の月の時間外労働時間数の縮減、②所定休日の増加、③特別休暇の整備、④時間単位の年休の整備のいずれか1つ以上を実施した場合に費用の3/4(合計250万円上限)を助成


    詳細は、下記リンク先にてご確認ください。

  • 2019年の公的年金財政検証結果が公表されました

    2019年の公的年金財政検証結果が公表されました

    8月27日、社会保険審議会年金部会公的年金財政検証結果が公表されました。2014年の財政検証と比較して、前提条件について主に次のような点で変化が見られます。

     

    出生率 1.35(2060) → 1.44(2065)
    就業率 58.4%(2030) → 60.9%(2040)
    平均寿命 男 84.19、女90.93(2060) → 男84.95、女91.35(2065)
    全要素生産性(TFP)上昇率 1.8~1.0% → 1.3~0.9%
    実質賃金上昇率 2.3~1.3% → 1.6~1.1%
    実質運用利回り 3.4~3.0% → 3.0~2.8%
    実質的な運用利回り 1.7~1.1% → 1.7~1.4%

     

    これらは、前回の財政検証後、出生率の改善や労働参加の進展があったこと等を反映したものです。
    しかしながら、最も楽観的な前提条件で計算した場合でも、マクロ経済スライドによる給付抑制が終了する2046年度の所得代替率が、61.7%(2019年度)から51.9%に低下するとの結果が示されています。

     

    今回の財政検証では、年金の給付水準を維持しようとする場合のオプション試算として次の2つが示されており、このうちオプションBによると、保険料拠出期間を50年に延長し、70歳から受給開始した場合でも、所得代替率は86.5~75.0%となっています。人生100年時代に向け、一定程度の自助努力は不可避といえます。

     

    ●オプションA 
     適用対象となる企業規模要件や賃金要件廃止等により、さらなる適用拡大を行った場合の所得代替率
    ●オプションB
     基礎年金の拠出期間延長、厚生年金加入可能年齢引上げ、受給開始時期の選択肢拡大等を行った場合の所得代替率

     

    8月23日の同審議会企業年金・個人年金部会において、確定拠出年金のマッチング拠出やiDeCoについて制度見直しに向けた議論が始まり、2020年通常国会に改正法案が提出されると見られていますが、公的年金においても、今回の財政検証結果を受けて、今後、見直しに向けた議論が進められる見通しです。


    詳細は、下記リンク先にてご確認ください。

  • 「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法(仮称)」案、来年通常国会に提出

    「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法(仮称)」案、来年通常国会に提出

    特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより収入を得る個人事業主(いわゆる「フリーランス」)は、現在就業者全体の約5%を占めると言われています。そして、ITの一層の進展や企業による副業・兼業の容認拡大により、フリーランスは今後も増えると予測されています。

     

    本年6月21日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2019」では、フリーランスとデジタルプラットフォーム企業との取引関係を取り上げ、デジタル市場に特有に生じる取引慣行等の透明性および公正性確保のための法制およびガイドラインの整備を図るとしています。そして、その具体策が、2020年の通常国会に法案提出を予定している(「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法」(仮称))というわけです。

    上記資料等によると、具体的には「(a)契約条件やルールの一方的押しつけ、(b)サービスの押しつけや過剰なコスト負担、(c)データへのアクセスの過度な制限などの問題が生じるおそれがある 」とされており、新法はこうした問題に対応するものといえます。

     

    詳細は、下記リンク先にてご確認ください。

     

詳細はこちら

サイトからのおしらせ

  • 2019-08-05

    弊社は8月13日(火)~15日(木)を夏季休業とさせていただきます。

    8月9日午後のご注文から、8月15日までのご注文は8月16日に出荷手配いたします。

    以降のご注文は、8月19日に出荷手配予定となります。

    ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご了承ください。

  • 2019-08-01

    お詫びと訂正を更新しました。

    こちらよりご確認ください。

  • 2019-05-10

    お詫びと訂正を更新しました。

    こちらよりご確認ください。

  • 2019-04-19

    日頃よりビジネスガイドサイトをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
    GW中の商品の受付・配送についてご案内いたします。

    休業日:平成31年4月27日から令和元年5月6日まで
    発送日:平成31年4月25日までにご注文承り分は平成31年4月26日に出荷手配いたします。
        以降のご注文は、令和元年5月7日より随時手配いたします。
    ただし、GW中の商品お届けは遅延が予想されます。
    ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、お願い申し上げます。

  • 2019-02-15

    システムメンテナンスのため、下記の期間、ご利用いただけません。
    会員の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

    ●サイト停止期間:2019年3月2日(土)午前9時ごろ~4日(月)午前10時ごろ

  • 2019-02-12

    お詫びと訂正を更新しました。

    こちらよりご確認ください。

     

  • 2018-12-17

    日頃よりSRサイトをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
    年末年始の商品の受付・配送についてご案内いたします。

    休業日:平成30年12月29日から平成31年1月6日まで
    発送日:平成30年12月27日までにご注文承り分は平成30年12月28日出荷手配いたします。
        以降のご注文は、平成31年1月7日より随時手配いたします。

    ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒お願い申し上げます。

  • 2018-12-14

    システムメンテナンスのため、下記の期間、ご利用いただけません。
    会員の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

    ●サイト停止期間:2018年12月15日(土)午前9時ごろ~17日(月)午前10時ごろ

  • 2018-10-01

    平素はSRサイトをご利用いただき、
    誠にありがとうございます。

    このたびの台風24号の影響により、配送業者では
    お荷物のお届けに遅延地域があるようです。
    お急ぎのところご迷惑をおかけいたしますが、
    何卒、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

  • 2018-09-07

    現在、北海道地方で発生した地震および台風21号等の影響により、配送業者において全国的にお届けに遅れが生じているようです。
    お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご理解の程よろしくお願いいたします。

PAGE TOP