特集1 従業員の特徴×課題マトリックスで個別対応を整理!
    雇用の多様化対応施策と助成金

特集2 パワハラ懲戒基準と処分をめぐる実務ポイント

    ポイント解説付き!「職場におけるパワーハラスメントに関して
    雇用管理上講ずべき措置等に関する指針の素案」

●その他の記事

▶来春から改正健康増進法が全面施行!
 企業がどこまでできる?仕事中・私生活上の喫煙制限

▶意義・名称・使い方は?
 今さら聞けないハンコの話と印章管理規程作成のススメ

▶来年の改正点も先取り解説!令和元年版 年末調整の実務

●連載

企業のためのユニバーサルデザイン講座
 第2回 MUDが必要とされているわけ

キーワードからみた労働法
 第149回 労働協約による労働条件の不利益変更

「平成31年3月改訂版厚労省モデル就業規則」活用の留意点
 第5回 第7章「退職及び解雇」,第8章「退職金」,
 第9章「無期労働契約への転換」,第10章「安全衛生」

新連載 判決を鵜呑みにせず,変わりゆく労働環境のコモンセンスを鍛えよう!
 労働判例の読み方 
 第1回 判決書の基礎

東京2020 総務の準備と対策
 第4回 時差出勤・休憩時間利用・休日振替

税務トラブルを防ぐための社内規程等の作成&見直しのポイント
 第23回 飲食を伴う会費制のパーティーの出席費用の取扱い

 

会員無料

ビジネスガイドWEB版

  • 2019年12月号

    特集 2019年12月号

    雇用の多様化対応施策と助成金

    従業員の特徴×課題マトリックスで個別対応を整理! 雇用の多様化対応施策と助成金

  • 2019年11月号

    特集 2019年11月号

    派遣労働者の「同一労働同一賃金」

    派遣労働者の「同一労働同一賃金」

  • 2019年10月号

    特集 2019年10月号

    どうなる!?近未来の 「労働・賃金・社会保険手続」

バックナンバーへ

会員割引

新着セミナー

セミナー一覧へ

会員無料

週刊ビジネスガイド

  • 子の看護休暇、介護休暇に関する育児介護休業法施行規則改正について

    11月1日、厚生労働省は、時間単位での子の看護休暇、介護休暇(以下、「看護休暇等」という)の取得を可能にする等の育児介護休業法施行規則改正に関するパブリックコメントの募集を開始しました。

     

    具体的には、次のように改正するとしています。

     

    ●1日未満の単位で看護休暇等を取得できる労働者の要件緩和
       → 「1日の所定労働時間が4時間以下の労働者」の1日未満の単位での取得を可能にする

     

    ●看護休暇等の取得単位の柔軟化
       → 「1日または半日単位」から「時間単位」に改正する
       → 1日未満の単位で取得する休暇1日の時間数は、1日の所定労働時間数とする

     

    今後は、12月に改正規則を公布し、2021年1月1日より施行される見通しとなっています。

     

    このパブリックコメント募集は、10月28日に開催された第21回労働政策審議会雇用環境・均等分科会の結果を受けたものです。

     

    また、同日、改正女性活躍推進法等の施行期日を定める政令案に関する議論も行われ、パワハラ法制を定めた改正労働施策総合推進法の施行日を2020年6月1日とする案が示されました。

     

    この政令案については、11月下旬に公布される見通しとなっています。

     

    詳細は、下記リンク先にてご確認ください。

     

  • 公的年金給付および手続きに関する改正について

    10月30日、社会保障審議会年金部会において、社会保障制度改革の目玉とされる在職老齢年金の見直しや適用拡大以外の改正に関する議論が行われました。

     

    企業実務に影響を及ぼす項目としては、(1)厚生年金保険の適用除外要件の見直し(2)脱退一時金制度の見直し(3)年金手帳の廃止(4)厚生年金保険未適用事業所への日本年金機構の調査権限強化があります。

     

    具体的には、次の(1)(7)が議論されました。

     

    (1)厚生年金保険の適用除外要件の見直し
    適用除外とされている「2カ月以内の期間を定めて使用される者」について、雇用契約が2カ月以内であっても、雇用契約書等で「更新される旨」「更新される場合がある旨」が明示されている場合、また2カ月を超えて雇用された実績がある場合は、当初から適用する
    事業所調査において、労働者名簿等に基づき未適用従業員等の雇用契約書等を確認し、上記に該当することが事後的に判明した場合は、契約当初(2年以内)に遡及して適用するよう指導する

     

    (2)脱退一時金制度の見直し
    支給上限年数を現行の3年から5年に引き上げる

     

    (3)年金手帳の廃止
    現行制度において既に年金手帳ではなく「基礎年金番号を明らかにする書類」の添付による手続きを可能としているほか、事業者等が個人番号の記載をして届出をした場合は上記書類の提出を不要としていることから、新たに国民年金第1~3号被保険者となった者には年金手帳に代えて「基礎年金番号通知書(仮称)」を交付する
    年金手帳の再交付申請は廃止するが、経過措置として法律施行までに送付された年金手帳については、引き続き基礎年金番号を明らかにすることができる書類として利用できることを規定する

     

    (4)厚生年金保険未適用事業所への日本年金機構の調査権限強化
    未適用事業所で「適用事業所である蓋然性が高いと認められる事業所」には厚年法100条に基づく立入調査が行えず、任意の指導等による適用対策しか講じられないことから、立入調査の対象に加える

     

    (5)地方税法上の未婚のひとり親・寡夫(年間所得が135万円以下)の申請全額免除基準への追加

     

    (6)年金生活者支援給付金制度の見直し
    所得・世帯情報の照会対象者の範囲を、受給資格者になり得る者(基礎年金受給者等)に拡大し、新たに支給対象者となる者に対する簡易な請求書(はがき型)の送付を可能とする
    所得情報の切替時期を8月~翌年7月から、10月~翌年9月に変更する(令和3年度施行

     

    (7)年金担保貸付事業の廃止

     

    詳細は、下記リンク先にてご確認ください。

  • 障害者雇用の中小事業主優良障害者雇用の具体案が明らかになりました

    10月25日、労働政策審議会職業安定分科会雇用対策基本問題部会にて、高齢者の雇用・就業機会の確保に関する議論が行われました。

     

    政府は、成長戦略実行計画(6月21日閣議決定)に基づき、70歳までの就業機会確保を事業主の努力義務とする高年齢者雇用安定法改正案を来年の通常国会に提出することを目指しています。


    部会では、事業主が講じる確保措置について次のような内容が考えられると、示されています。

     

    ●定年廃止、定年延長、継続雇用制度の導入
     → 65 歳までの雇用確保措置と同様のものが考えられる
    ●他の企業への再就職の実現
     → 特殊関係事業主による継続雇用制度の導入と同様のものが考えられる
      * 特殊関係事業主とは、子法人、親法人、関連法人等をいいます(高年齢者雇用安定法規則4条の3)
    ●個人とのフリーランス契約への資金提供、個人の起業支援
     → 事業主からの業務委託により就業することが考えられる
    ●個人の社会貢献活動参加への資金提供
     → 事業主が自ら又は他の団体等を通じて実施する事業による活動に従事することが考えられる

     

    詳細は、下記リンク先にてご確認ください。

詳細はこちら

サイトからのおしらせ

  • 2019-10-11

    台風19号の影響により、地域によって
    商品のお届けに遅延が発生いたします。

    お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
    何卒、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

  • 2019-09-26

    消費税増税に伴うシステムメンテナンスのため、下記の期間、SJSサイトの閲覧、会員サイトへのログインならびに弊社ECサイトからのご注文の受付ができなくなります。
    ご利用の皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

    《メンテナンス期間》
    ・9月30日(月)16:00 ~ 10月1日(火)12:00頃
    ※作業の進行状況により、上記の時間は前後する場合がございますので、ご了承ください。

  • 2019-08-29

    お詫びと訂正を更新しました。

    こちらよりご確認ください。

  • 2019-08-05

    弊社は8月13日(火)~15日(木)を夏季休業とさせていただきます。

    8月9日午後のご注文から、8月15日までのご注文は8月16日に出荷手配いたします。

    以降のご注文は、8月19日に出荷手配予定となります。

    ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご了承ください。

  • 2019-07-26

    お詫びと訂正を更新しました。

    こちらよりご確認ください。

  • 2019-06-11

    お詫びと訂正を更新しました。

    こちらよりご確認ください。

  • 2019-04-19

    日頃よりビジネスガイドサイトをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
    GW中の商品の受付・配送についてご案内いたします。

    休業日:平成31年4月27日から令和元年5月6日まで
    発送日:平成31年4月25日までにご注文承り分は平成31年4月26日に出荷手配いたします。
        以降のご注文は、令和元年5月7日より随時手配いたします。
    ただし、GW中の商品お届けは遅延が予想されます。
    ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、お願い申し上げます。

  • 2019-02-21

    お詫びと訂正を更新しました。

    こちらよりご確認ください。

  • 2019-02-15

    システムメンテナンスのため、下記の期間、ご利用いただけません。
    会員の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

    ●サイト停止期間:2019年3月2日(土)午前9時ごろ~4日(月)午前10時ごろ

  • 2019-01-10

    お詫びと訂正を更新しました。

    こちらよりご確認ください。

     

PAGE TOP