お問い合わせ

  • 〒101-0032
  • 東京都千代田区岩本町1-2-19
  • 株式会社日本法令 SJS会員係
  • 会員直通:03(6858)6965
  • FAX番号:03(6858)6968
お電話での受付時間
平日 9:00~17:30

お問い合わせはこちら

ビジネスガイド WEB版

画像

SJS会員には月刊ビジネスガイドを1年分お届けします。

SR WEB版

社労士業界 HRテクノロジー元年画像

社労士業界 HRテクノロジー元年

プレミアム会員は SR WEB 版をサイト内で閲覧できます。

SSL グローバルサインのサイトシール

このシステムは、SSL(Secure Socket Layer) 技術を使用しています。ご入力いただいたお客様情報はSSL暗号化通信により保護されております。SSL詳細は上のセキュアシールをクリックして確認することができます。

日本法令セミナー 【東京7/20PM】3時間でマスター!「副業・兼業」の容認・解禁と業務への影響

【東京7/20PM】3時間でマスター!「副業・兼業」の容認・解禁と業務への影響

カテゴリー:人事・労務 / 労使トラブル / 就業規則 / 労働時間 / 社労士業務
【東京7/20PM】3時間でマスター!「副業・兼業」の容認・解禁と業務への影響
  • 田村 裕一郎 氏(多湖・岩田・田村法律事務所 パートナー弁護士
  • 平成30年7月20日(金)13:00~16:00
  • 東京
    • 一般価格:17,000円(税込)
    • 【SJS会員様】 割引価格はログインしてご確認ください
    • 【SJS以外のサービスの会員様】 「各種受講料」をご覧ください
開催終了

セミナーの詳細

“多様な働き方”“ガイドライン公表”“モデル就業規則改定”等でニーズ急増!

 近年の「多様な働き方」の浸透,厚生労働省「モデル就業規則」における副業禁止項目の削除,「副業・兼業の促進に関するガイドライン」の公表などにより,いわゆる「副業」はいま,原則禁止から原則容認の時代へと転換しつつあります。副業を禁止することによる採用減や社員の離職が懸念されるなど,企業および社労士にとっても,紋切り型に「我が社は副業禁止」では済まされないご時世となってきています。
 とはいえ,いざ自社の就業規則を改定し,副業を容認・解禁するにあたっては,自社(本業先)と副業先との労働時間の通算,休日・休暇・休職中の副業の取扱い,フレキシブルタイム・裁量労働制等と副業との兼合い,業務災害・通勤災害における責任の所在などさまざまな労務管理上の問題や,企業秘密漏洩のようなトラブルに対応しなければなりません。
 さらに、副業を容認・解禁する企業が増加することで,新たに採用する従業員がすでに他社に在職中であるケースも増えてくることが予想されますので,本業先の視点のみならず,副業先の視点からも労務管理上の問題やトラブルを検討しておく必要があります。

 本セミナーでは,副業についていま押さえておくべき知識、容認・解禁にまつわるトラブルの予防・対応実務,自社の就業規則の改定等について,弁護士である田村裕一郎先生に解説していただきます。6月発行の書籍には書きづらい実務上の問題の解説や,書籍未掲載の書式配付も予定しています。



※ご不明な点がございましたら下記までお問合せください。
 〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-2-19
 株式会社日本法令 出版部セミナー担当
 TEL:03-6858-6965(平日9:00~17:30)
 Eメール:seminar@horei.co.jp

講師のご紹介

田村 裕一郎(たむら ゆういちろう)


弁護士・ニューヨーク州弁護士(多湖・岩田・田村法律事務所 パートナー弁護士)。第一東京弁護士会(元)労働法制委員会所属。1976年兵庫県出身。2000年司法試験合格。20002年,長島・大野・常松法律事務所に入所。2008年,University of Virginia School of Lawを卒業(LL.M.)後,Quinn Emanuel Urquhart & Sullivan, LLP勤務。2011年,多湖・岩田・田村法律事務所を設立し,パートナーに就任。労働訴訟対応,労働審判対応,団体交渉対応,未払残業代請求対策,買収時における労働法デューディリジェンス,社労士の賠償責任リスク対策,ネット上の誹謗中傷対応,その他労働法全般を取り扱う。著書に「合同労組への対応」(労働調査会),「未払残業代請求への解決策と予防策」(労働調査会)、『裁判例を踏まえた病院・診療所の労務トラブル解決の実務』(日本法令)などがある。

日程 ・ 開催時間

平成30年7月20日(金)13:00~16:00

カリキュラム(予定)

1.「副業・兼業」をめぐる最新動向
 (1) 「ガイドライン」「ガイドラインQ&A」のポイント
 (2) 厚労省「モデル就業規則」改定のポイント
 (3) その他の動向(重要判例、先行企業の事例)
 (4) 企業はいま「副業・兼業」を解禁すべきなのか

2.「副業・兼業」を解禁する場合

 (1) 解禁する場合の労務リスク
 (2) 解禁する場合のトラブル予防・対応実務

3.「副業・兼業」を解禁しない場合

4.「副業・兼業」解禁についての副業先の視点

5.質疑応答

会場

株式会社日本法令 本社ビル(東京都千代田区岩本町1-2-19)
…JR神田駅南口より、昭和通りに向かって徒歩7分
  JR新日本橋駅8番出口より昭和通りに出て、岩本町の方向に徒歩5分
  東京メトロ銀座線神田駅からJR神田駅東口を抜け、昭和通りに向かい徒歩7分
  東京メトロ日比谷線小伝馬町駅4番出口より徒歩6分
  都営地下鉄新宿線岩本町駅A5番出口より、昭和通りに出て日本橋方向に徒歩7分
  http://www.horei.co.jp/company/map.html

※会場にエレベータはございません。

各種受講料

①  一般 ・・・ 17,000円

②『ビジネスガイド』『SR』『社労士Ⅴ』定期購読会員 ・・・  14,000円

テキスト

テキスト 企業のための 副業・兼業 労務ハンドブック(6月発売予定)
割引価格:1,000 円