ログインしていません。会員番号をお持ちの方は、ログインしてご利用下さい。

商品詳細

家族を「争族」から守った遺言書 30文例 Part2

家族を「争族」から守った遺言書 30文例 Part2の画像
  • 家族を「争族」から守った遺言書 30文例 Part2の画像1
  • 家族を「争族」から守った遺言書 30文例 Part2の画像2
  • 家族を「争族」から守った遺言書 30文例 Part2の画像3
  • 家族を「争族」から守った遺言書 30文例 Part2の画像4
注文番号 書籍
著者・編者 一般社団法人 相続診断協会 編
サイズ A5判
入り数 1(260ページ)冊
ISBN 9784539727256
定 価 1,760円 (本体価格:1,600円)
会員価格 ログインしてご確認ください
在庫状況 在庫あり

概要

家族への最後の手紙が「笑顔相続」への扉を開く!
●大災害で家族の大半が死亡、財産を誰に託す?
●遺族を救った“とりあえず遺言” 
●外国人に財産を残すことは可能?
●尊厳死への想いを付言事項につづる
●“おひとり様”の相続、遺言書はどうする? 
●子どもが障害者の場合の“親なきあと”問題 …etc.
遺言書作成の疑問と解決策 30事例を紹介。好評のPart1につづき発刊!



詳細

[著者略歴]
【一般社団法人 相続診断協会】
広く相続制度の趣旨に則り、相続手続を円滑に進めるため、相続診断を行うとともに弁護士、司法書士、税理士、行政書士その他の専門家の関与を要する案件についてはこれらの専門家の紹介を行う相続診断士を育成し、相続に関する問題意識の啓発と相続診断を社会に普及させることを目的とする。


[目次]
はしがき

第1章 遺言がもたらす絆
Story 1 おひとりさまになった高齢者の想い 〜老後の不安を安心に変える備えとは
Story 2 遺言書における付言事項の功罪 〜想いを紡ぐという大切
Story 3 妻の想いとは異なる遺言書 〜兄妹との不仲を円満な関係へと転じさせた妻の言葉
Story 4 別居している妻と子どもへの遺言 〜相続診断士の説得で「笑顔相続」が実現
Story 5 外国人である甥に遺産を残したい 〜子どものいない夫婦の生前対策
Story 6 付言事項のおかげで親子関係復活 〜孫に対する遺留分減殺請求への対応策にも
Story 7 事業を譲った相手にも財産を残したい 〜遺言者の「真の意向」に気付くこと
Story 8 亡母の遺品整理が遺言書のきっかけに 〜エンディングノートを気持ちよく書いてもらうために
Story 9 身寄りのない「いとこ」の老後 〜「何も対策を取らなければどうなるか」を想像してみる

第2章 財産という名の人生〜誰に残すか、どう残すか
Story 10 法定相続人が30人、遺産分割が困難に 〜特にお世話になった甥と姪のみに財産を遺す遺言書を作成
Story 11 親族に財産を遺すことができるか 〜相続財産の分散を防ぐ取り組み
Story 12 遺言による婚外子の認知 〜非嫡出子にも財産を残すことでトラブル回避
Story 13 一人暮らし高齢者の遺言と死後事務 〜九人の甥姪に公平かつ平等に遺贈したい
Story 14 相談者の真意はどこにあるか 〜不動産の換価分割と代償分割
Story 15 頼れる相談相手がほしかった! 〜農家の仕事をスムーズに引き継ぐための遺言
Story 16 子どもとの同時死亡も考慮した遺言書 〜妻が安心して不動産を相続できるように
Story 17 障がいのある子の親が抱える悩み 〜「親なきあと」への備え 

第3章 公正証書をめぐるドラマ
Story 18 お父さんが「密かに」書いていた遺言 〜公正証書遺言への書き直しで安心感を得る
Story 19 書き換えられた遺言書 〜遺言書は一度作ればおしまいでない
Story 20 親族が遠方にいる場合の手続き 〜自分の死後、相続人に負担をかけないために
Story 21 妻を救った「とりあえず遺言」 〜名の甥・姪との協議を避けるための次善策とは
Story 22 遺留分減殺請求の回避を願って 〜付言事項に込めた母の想い
Story 23 訂正印だらけの手書き遺言書 〜甥・姪を巻き込む前の遺言書で近隣問題まで解決

第4章 想いをかたちに
Story 24 想いの行きつく先は 〜震災で奪われた家族への遺言書
Story 25 「天涯孤独」でも財産は残る 〜相続人がいない場合の公正証書遺言作成
Story 26 唯一の気がかりは後遺症がある一人娘 〜遺言書のほかさまざまな生前契約を締結した事例
Story 27 家族と自分自身の幸せを実現した遺言書 〜付言事項で伝えた尊厳死への想い
Story 28 財産すべてを寺院に寄付したい 〜遺言者の想いを活かすため、相続人の理解を求める
Story 29 おひとりさま相続のゆくえ 〜自分の死後、ペットはどうなるのか
Story 30 行方不明の子を想って 〜付言事項に込めた父の想い