ログインしていません。会員番号をお持ちの方は、ログインしてご利用下さい。

商品詳細

ビジネスガイド 2022年 7月号 NO.920

ビジネスガイド 2022年 7月号 NO.920の画像
  • ビジネスガイド 2022年 7月号 NO.920の画像1
注文番号 雑誌
サイズ B5判
入り数 1(116ページ)冊
JANコード 4910076690721
定 価 1,100円 (本体価格:1,000円)
会員価格 ログインしてご確認ください
在庫状況 在庫あり

概要

特集1 非正規社員の教育,待遇改善,改正育介法がポイントに!
令和4年度 7つの注目助成金 
   社会保険労務士 伊藤泰人
 
特集2 LGBT従業員への福利厚生
~制度設計と規定例~
   弁護士 森 伸恵(レイ法律事務所)
 
■注目実務
 定額残業代制度の廃止・見直しの実務
   弁護士 田村裕一郎(多湖・岩田・田村法律事務所)
   弁護士 古田裕子(多湖・岩田・田村法律事務所)
 
■パワハラ
 パワハラ問題への行政の動き・仕組みと企業の法的留意点
   弁護士 岩出 誠 (ロア・ユナイテッド法律事務所)
 
■定例実務
 今年注目したいポイントはここ!
 算定・月変の実務
   特定社会保険労務士 松田研二(社会保険労務士「高志会」グループ)
 
■危機管理
 従業員が逮捕された場合の初動対応
   弁護士 井上 侑(世田谷綜合法律事務所)
 
■人権デューデリジェンス
 中小企業が「ビジネスと人権」のために取り組むべきこと
 中小企業家同友会全国協議会 事務局長 斉藤一隆
 
■通勤管理
 道路交通法改正を踏まえた
 電動キックボードの通勤利用を認める際の知識と留意点
   弁護士 佐藤典仁(森・濱田松本法律事務所)
   弁護士 秋田顕精(森・濱田松本法律事務所)
 
■連載
・新連載 PMIと人事労務
 第1回 中小PMIガイドラインを読み解く
   社会保険労務士 猶木貴彦(社会保険労務士法人MRパートナーズ) 

・従業員と揉めないための労務トラブル想定問答 
 第14回 パワハラ対応(4)
   弁護士 岸田鑑彦(杜若経営法律事務所)

・重要用語から労働問題を考える キーワードからみた労働法
 第180回 スタッフ管理職
   神戸大学教授 大内伸哉

・経済学で考える人事労務・社会保険
 第29回 選択的週休3日制への対応
   昭和女子大学特命教授 八代尚宏

・変わりゆく労働環境のコモンセンスを鍛えよう!
 労働判例の読み方
 第31回 シルバーハート事件(シフト割当の一方的削減の有効性)
   弁護士 光前幸一
 
■相談室
・労働基準法
 採用内定者への労働基準法の適用の有無
   弁護士 岩本充史(安西法律事務所)

・労働契約
 退職勧奨の注意点
   弁護士 野口 大(野口&パートナーズ法律事務所)

・就業規則
 健康診断受診命令の可否
   弁護士 坂井瞭平(第一芙蓉法律事務所)

・多様な働き方
 偽装請負の意味と法的リスク
   弁護士 小宮純季(石嵜・山中総合法律事務所)

・ハラスメント 
 デジタルツールで起こるハラスメントの防止
   (株)メンティグループ 代表取締役 加藤貴之

・メンタルヘルス 
 セルフケアとしての認知行動療法
   精神科産業医 西上貴志・吉野 聡(吉野聡産業医事務所)

・労災/雇用/健保
 労災保険労災対応への備え
   特定社会保険労務士 高橋知子(社会保険労務士「高志会」グループ)

・デジタル化
 「労働者代表の意見書」押印レスに伴う留意点
   特定社会保険労務士 榊 裕葵

・助成金
 派遣社員の正社員化を支援する「キャリアアップ助成金(正社員化コース)」
   社会保険労務士法人アンブレラ 代表社員 伊藤泰人

・労務に関わる税務
 日本から出国せず海外子会社等の業務に従事する従業員の課税関係
   税理士法人 山田&パートナーズ 栁下なつみ




詳細