ログインしていません。会員番号をお持ちの方は、ログインしてご利用下さい。

商品詳細

改正民法と新収益認識基準に基づく契約書作成・見直しの実務

改正民法と新収益認識基準に基づく契約書作成・見直しの実務の画像
  • 改正民法と新収益認識基準に基づく契約書作成・見直しの実務の画像1
  • 改正民法と新収益認識基準に基づく契約書作成・見直しの実務の画像2
  • 改正民法と新収益認識基準に基づく契約書作成・見直しの実務の画像3
  • 改正民法と新収益認識基準に基づく契約書作成・見直しの実務の画像4
注文番号 書籍
著者・編者 横張清威 伊勢田篤史 和田雄太 共著
サイズ A5判
入り数 1(436ページ)冊
ISBN 9784539726334
定 価 3,780円 (本体価格:3,500円)
会員価格 ログインしてご確認ください
在庫状況 在庫あり

概要

2020年4月施行の「改正民法」は、契約実務に大きな影響を与えます。
従前どおりの契約書を使用すると、解除や損害賠償等の点で不利になるおそれがあるため、企業は施行までの限られた期間において、自社で使用している契約書の棚卸し・類型化をし、改正の影響が大きいものは修正等をしなければなりません。

さらに、翌2021年4月1日以降の事業年度から強制適用となる「新収益認識基準」への対応も必要です。従来あいまいに行われていた収益認識について「契約の内容を考慮して」行うこととされたため、契約書の内容次第では、これまで行っていた収益認識が認められなくなるおそれがあり、この点からも契約書を見直すべきです。

本書は「改正民法」「新収益認識基準」の両方に対応した契約書の作成・見直しを行うための実務を解説するもの。
修正作業のスケジュール、改正民法と新収益認識基準それぞれが契約書に与える影響、契約書の雛形および各条項の修正ポイントを詳解します。


詳細

[著者略歴]
弁護士法人L&A 弁護士・公認会計士

[目次]
第1章 民法改正と収益認識基準制定に向けて
第2章 改正民法による契約書の影響
第3章 収益認識基準による契約書の影響
第4章 契約書 雛形及び解説