ログインしていません。会員番号をお持ちの方は、ログインしてご利用下さい。

商品詳細

はじめての「年末調整の電子化」ガイド(テキスト含む)

はじめての「年末調整の電子化」ガイド(テキスト含む)の画像
  • はじめての「年末調整の電子化」ガイド(テキスト含む)の画像1
注文番号 (256)
仕様 2022年2月4日(金)14:00~15:30開催
サイズ ウェブセミナー
入り数 1セット
定 価 6,600円 (本体価格:6,000円)
会員価格 ログインしてご確認ください
在庫状況 在庫あり

概要

 「電子年調」(年末調整の電子化)とは,年末調整において従来は書面にて行われていた一連の手続きをデジタル化することで,勤務先・従業員双方の事務負担を軽減するものです。すでに国税庁より電子年調のための「年調ソフト」が公表・運用されており,電子化に移行する企業も出てきています。今年度の年末調整もひと段落して,「令和4年度こそ電子年調を」と考える企業も少なくないのではないでしょうか。
とはいえ,国税庁「年調ソフト」,各社のクラウド会計ソフト,あるいは各保険会社等とマイナポータルとの連携はまだ始まったばかりで,いざ電子化しようと思い立っても,いつまでに何をすればよいのか,どこから手をつければよいのかと,とまどってしまうものです。
 そこで本ウェブセミナーでは,企業へのクラウド会計導入支援や,ペーパーレス化によるバックオフィス業務効率化支援も行っている税理士が,企業が年末調整を電子化する初年度にあたり必要な前提知識や,国税庁資料だけでは分かりにくい導入の手順とスケジュールなどを,いち早くコンパクトに解説します。
 ビジネスガイド誌の記事では書ききれなかった細かい注意点や,実際の「年調ソフト」の操作画面など,セミナーならではの実践的内容も盛り込みます。


【お申込後の流れ】
 受講料のご入金確認後、セミナー開催日の前営業日までに招待URLをメールにてお送りします。
 セミナーで使用するレジュメ等につきましても、そちらのメールに添付してお送りします。
 収録したものはライブ配信から1週間程度で見逃し配信開始予定です。
 上記日時で受講した方は、こちらの視聴も可能です。
 テキストにつきましては、セミナー開催日の4営業日前までに宅急便にてお手配いたします。
 ※テキストを事前に発送させていただく関係上、2022年1月28日(金)までに、受講料をお支払いください。
 
※SJSプレミアム会員様は、『セミナー無料受講特典』をご利用いただけます。
 利用消費日数 : 1日分 
 特典をご利用の際は、下記アドレスまで【セミナー無料受講特典希望】とご明記の上、ご注文ください。
 
◆ご不明な点がございましたら下記までお問合せください。
 〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-2-19
 株式会社日本法令 出版部セミナー担当
 TEL:03-6858-6965(平日9:00~17:30)
 Eメール:seminar@horei.co.jp

詳細

【カリキュラム(予定)
電子年調の全体の流れ,スリム化される手順,電子化のメリット
●電子年調に必要な前提知識(マイナポータル,電子署名・電子証明書,国税庁「年調ソフト」,e-Tax 等)
●電子化される様式と電子化されない様式
●初年度の電子年調の4パターンと,自社への当てはめ
●令和4年度での電子化に向け,いつまでにどの手順を行うかのロードマップ(スケジュール感)
●国税庁「年調ソフト」やクラウド会計ソフトの実演

テキスト『速解!年末調整電子化ガイド』(日本法令より2022年1月中旬頃発売予定)+オリジナルレジュメ・資料

【講師】税理士 戸村 涼子 氏
戸村 涼子( とむら りょうこ)
税理士。大学卒業後,外資系企業,上場企業,税理士法人を経て2016年に独立開業。主に中小企業社長,フリーランス向けにクラウド会計ソフト導入・運用支援,税務サポートを行っている。得意分野はネットビジネス,暗号資産,非居住者の税務。RPA やペーパーレス化等による経理業務効率化にも注力。「令和4年から始める年末調整電子化ガイド」月刊ビジネスガイド(2021年11月号),「年末調整の電子化を進める手順とことしの改正ポイント」月刊企業実務(2021年10月号)ほか雑誌寄稿多数。「デジタル資産と電子取引の税務」(日本法令,2021)など単著4冊,共著2冊,電子書籍1冊。