ログインしていません。会員番号をお持ちの方は、ログインしてご利用下さい。

商品詳細

補助金申請支援業務をビジネスとして行う場合の戦略&戦術【動画配信商品】

補助金申請支援業務をビジネスとして行う場合の戦略&戦術【動画配信商品】の画像
  • 補助金申請支援業務をビジネスとして行う場合の戦略&戦術【動画配信商品】の画像1
注文番号 (197)
仕様 2020年6月2日収録
サイズ セミナー動画
入り数 1セット
定 価 7,000円 (本体価格:6,364円)
会員価格 ログインしてご確認ください
在庫状況 在庫あり

概要

コロナウイルス関連補助金をきっかけに
補助金申請支援業務をビジネスとして行う場合の戦略&戦術

 コロナショックに対応した経済産業省の持続化給付金には法人・個人事業主合わせて約120万件の申請(5月25日時点)があり、経営危機を乗り切るための資金調達手段として注目されています。
 補助金申請支援業務は、社会保険労務士が主体となって進める業務ではありませんが、経営者の中には社会保険労務士に問合わせをする人もいます。今後、新たに補助金申請業務に参加することは、サービスメニューを増やし、企業との接点を増やすことは新規顧客開拓につながる可能性を高めます。また、既存の顧問先への提案を通じて売上アップを図れる可能性もあります。
行政手続のデジタル化が進み、既存の1・2号業務だけでは企業との接点が減ってしまう可能性があることを考えれば、労務部門に限らず企業支援ができるようになることを目指して、新たな業務に取り組む必要性があると言えます。
 本セミナーでは、これまで数多くの企業に対する助成金・補助金申請支援を行ってきた講師が、どのように企業のニーズを汲み取り、情報収集から提案、申請後のフォローまでの申請支援を行えばよいか、補助金の仕組みや申請フローと合わせてわかりやすく解説します。

※本商品はご入金確認後、動画サイトログイン用のIDとパスワードをメールにてお送りいたします。
   なお、ご入金の確認ができるタイミングは、お客様の決済方法により異なります。
   お急ぎの方は、クレジット決済のご利用をご検討ください。

※こちらの商品はSJSプレミアム会員【セミナー無料受講特典】をご利用いただけます。
 利用消費日数 : 1日分  【セミナー無料受講特典】でご購入を希望される場合は、
 下記アドレスまで【セミナー無料受講特典希望】とご明記の上、ご注文ください。
 Mail: seminar@horei.co.jp (本ページよりお進みいただいた場合、無料受講特典でのご購入はお選びいただけません。)

詳細

講義の内容(2020年6月2日に収録した講義の動画が収録されています)  
●理想的な補助金の活用・提案とは
●補助金申請支援業務フロー
 ・情報収集の仕方
 ・公募要領の留意点
 ・受託前に伝達したほうがよいこと
 ・申請書作成時の留意点
●最新の補助金、融資制度について
●その他補助金、融資情報
 ・持続化給付金
 ・感染拡大防止協力金(※東京都)
 ・事業承継補助金
 ・緊急販路開拓助成事業
 ・中小企業生産性革命推進事業
 ・小規模事業者持続化補助金
 ・ものづくり補助金
 ・IT導入補助金
 ・事業再開支援パッケージ
 ・その他の人気補助金

【講師】

○石下 貴大(いしげ たかひろ)
2008年銀座に行政書士石下貴大事務所を開業し、産廃、建設、資金調達、社団、NPO、入管、交通事故の専門家8名で2014年行政書士法人GOALに組織変更。助成金・補助金の検索システム「みんなの助成金」を開発・運用する株式会社ボランチ設立。運用後半年で登録企業数は登録企業数5,000社以上、各社との提携も進める。開業前から毎日ブログを書き続け、7冊の商業出版を企画書もコンサルもなく実現するほか、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌等のメディア出演も多数。