ログインしていません。会員番号をお持ちの方は、ログインしてご利用下さい。

商品詳細

税理士が知っておきたい相続税実務のための民法(相続編)サポートキット

税理士が知っておきたい相続税実務のための民法(相続編)サポートキットの画像
  • 税理士が知っておきたい相続税実務のための民法(相続編)サポートキットの画像1
注文番号 キット11
著者・編者 税理士 岩下忠吾
サイズ A4
入り数 1セット
ISBN 9784539771587
定 価 4,400円 (本体価格:4,000円)
会員価格 ログインしてご確認ください
在庫状況 在庫あり

概要

実務に役立つ!税理士のための1冊
相続の実務を進める際に役立つ「相続税の申告手続スケジュール」、「親族表」、「相続人相関図」などが専用サイトからダウンロードできます。

基礎控除の引き下げにより相続税の申告件数が増加し、税理士にも相続に関する相談や申告手続きの
依頼が増えている中、40年ぶりに民法(相続編)が改正され段階的に施行されており、配偶者居住権や
特別寄与料など一般の方々も関心を寄せています。
相続の実務において、遺族からの質問の多くは
民法に関するもので民法の知識は必要不可欠となります。

そこで、本キットでは今回の改正点を含めた民法(相続編)を基礎から解説し、これらがどのように
相続税法に取り込まれているか、「相続税法との関係」を中心に解説したテキストと、実務に役立つ
書式や参考書式(専用サイトからダウンロード)で税理士の先生方の相続税実務をサポートします。

詳細

[テキスト](A4判 88頁)
第1章 相続の開始
 1.相続の意義
 2.相続開始の原因と場所 
 3.同時死亡の推定と相続の開始
 4.相続開始の場所 
 5.相続回復請求権 
 6.相続財産に関する費用
第2章 相続人
 1.意義  
 2.相続における胎児の権利能力
 3.相続人の範囲とその順位
 4.相続欠格と廃除 
 5.相続の承認と放棄  
 6.相続人の不存在 
第3章 相続の効力
 1.相続の一般的効果 
 2.祭祀財産の承継
第4章 相続分
 1.意義  
 2.内容
第5章 遺産の分割
 1.意義  
 2.内容
第6章 遺贈
 1.意義  
 2.内容 
第7章 配偶者の居住の権利
 1.意義 
 2.内容 
 3.配偶者居住権に基づく敷地利用権及び所有権と小規模宅地等
 4.関係者が死亡した場合(2次相続)
第8章 遺留分
 1.意義 
 2.内容 
 3.納税猶予制度の概要
第9章 贈与
 1.意義 
 2.贈与に関する民法の諸規定
第10章 税理士としての対応
 
[CD-ROM](購入者専用WEBサイトへのアクセスに使用)
実務に役立つ書式(Excel・Word)と参考書式(PDF)がダウンロードできます。
・相続税の課税のあらまし
・相続税の申告手続スケジュール
・親族表
・相続人等現況確認書
・相続人関係図
・遺言書等確認書
・財産目録
・所有財産相続税評価額書

 その他、参考書式14書式
 

【注意】
書式・計算書をご使用いただく為には、パソコンをインターネットに接続できる環境と以下のソフトウェア環境が必要となります。

[ソフトウェア環境]
■ Windows8.1/10(各日本語版) 
■ Microsoft Excel 2013/2016/2019 
■ Microsoft Word 2013/2016/2019 
■ Adobe Acrobat Reader